平成9961日目

平成28年4月16日(土)

2016/04/16

【熊本地震】

16日午前1時25分ごろ、熊本市、宇城市、南阿蘇村、菊池市、合志市、宇土市、大津町、嘉島町で震度6強の地震が発生し、その後も震度6強の地震など強い揺れが続いた。県災害対策本部によると、南阿蘇村などで家屋の倒壊など甚大な被害が出ている。県警は午前7時半までに2人の死亡を確認し、さらに増える可能性がある。熊本地震の死者は計11人になった。

14日午後9時26分ごろ、益城町で最大震度7を観測した地震後、震度1以上の地震が165回発生。気象庁は記者会見で「今回が14日以降に発生した地震の本震と考えられる」との見方を示した。県警などによると、南阿蘇村でアパートの倒壊が相次ぎ、数人が見つかっていない。嘉島町、益城町、西原村などでも、家屋の倒壊などが発生し、救助作業が続いている。16日午前、南阿蘇村の阿蘇大橋が崩落した。震度6強の地震の規模はマグニチュード(M)7.3と推定される。震源の深さは約12キロ。気象庁は有明・八代海に一時、津波注意報を出した。《熊本日日新聞》



【大分県】由布市、別府市で震度6弱

16日未明に由布市と別府市で記録された震度6弱は、県内の観測史上、過去最大の揺れだった。県内は終日、余震に見舞われ、テレビや携帯電話からは緊急地震速報のアラーム音が鳴り続けた。住民や観光客たちは避難に追われ、不安な表情を浮かべた。由布市と別府市で震度6弱を記録した午前1時25分に発生した地震は、ほかに、豊後大野、日田、竹田、九重の4市町で震度5強、大分、臼杵、津久見、佐伯、玖珠の5市町で震度5弱だった。《朝日新聞》

【プロ野球】中止相次ぐ

プロ野球のソフトバンクは16日、熊本県などで続いた地震の影響で、福岡市の本拠地ヤフオクドームで同日予定していた楽天戦を中止すると発表した。地震による交通機関への影響と、試合を開催した際の観客の安全確保が考慮された。17日に同球場で予定している楽天戦については今後の状況で判断する。

19日に熊本市の藤崎台県営野球場で予定されていた巨人―中日も中止が決まった。プロ野球の地震による中止は、2008年6月14日に岩手・宮城内陸地震のため、仙台市のコボスタ宮城(当時Kスタ宮城)で組まれていた楽天―巨人が中止になって以来。《共同通信》

【東京都・舛添要一知事】「東京にブロードウェイを」

ニューヨーク、ワシントンを訪れた舛添要一東京都知事は16日、ニューヨークのブロードウェーのような劇場街を東京につくりたいと表明。候補地の検討を本格的に進める考えも示した。東京の魅力を高め、海外からの観光客増加につなげる狙いだ。ワシントンでの記者会見で語った。

舛添氏は「(東京五輪のある)2020年が終わって、東京にもブロードウェーができたという状況になることが絶対必要だ。それがない限り(観光面で)ニューヨークを打ち負かすことはできない」と強調した。海外出張費が高すぎるとの批判に対しては「削減すれば良いということではない」と反論した。《共同通信》

【エクアドル】M7.8の地震

米地質調査所(USGS)によると、南米エクアドルの太平洋岸で16日午後6時58分(日本時間17日午前8時58分)ごろ、マグニチュード(M)7.8の地震があった。ロイター通信によると、コレア大統領は17日、死者が233人に達したと明らかにした。当局者によると、負傷者は1500人以上。政府は一部地域に非常事態を宣言した。《共同通信》



4月16日のできごと