平成9909日目

2016/02/24

【油井亀美也宇宙飛行士】安倍首相を表敬訪問

2月24日は何の日【油井亀美也宇宙飛行士】安倍首相を表敬訪問
http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は24日、国際宇宙ステーションに5カ月間滞在し、昨年12月に帰還した宇宙飛行士の油井亀美也さんと官邸で会い「日本の誇りだ」と活動を称賛した。日本政府が、2024年までステーションの運用を延長する計画に参加を決めたことを踏まえ「しっかりと応援していきたい」と協力を約束した。

油井さんは、日本の無人補給機「こうのとり」をロボットアームでドッキングさせた場面を、模型を使って解説。「許される誤差は数センチです」と説明すると、首相は「見事にキャッチされた。すごいですね」と感嘆の声を上げた。面会後、油井さんは「首相に成果を評価してもらいうれしい。日本が(世界の)宇宙開発をリードしていきたい」と記者団に語った。《産経新聞》

広告




 

【桜宮高校体罰訴訟】大阪市に賠償命令

2012年12月に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将の男子生徒(当時17歳)が自殺したのは教諭だった元顧問(50)=懲戒免職=の体罰が原因として、両親ら遺族が大阪市に約1億7400万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は24日、体罰と自殺の因果関係を認め、大阪市に約7495万円の賠償を命じた。岩井伸晃裁判長は「元顧問の暴行がなければ自殺することはなかった」と述べた。市の調査や元顧問を有罪とした刑事裁判と同様の判断となった。《毎日新聞》

【札幌区検】JR北海道幹部3人を在宅起訴

JR函館線の貨物列車脱線事故をめぐる検査データ改ざん事件で、札幌区検は24日、鉄道事業法違反(虚偽報告)などの罪で、JR北海道(島田修社長)を札幌簡裁に起訴、本社工務部の幹部3人を在宅起訴した。函館区検も運輸安全委員会設置法違反(虚偽報告)などの罪で、保線現場の社員ら13人を函館簡裁に略式起訴。本社が保線現場に改ざんを暗に促していたと判断し、JRに法人の責任を問う両法の両罰規定を適用した。JRと幹部3人は公開の法廷で審理される。《北海道新聞》

【東京電力】メルトダウンを過小評価

東京電力は24日、福島第1原発事故当初の原子炉の状況をめぐり、極めて深刻な事態の「炉心溶融(メルトダウン)」ではなく、前段階の「炉心損傷」と説明し続けたことが誤りだったと発表した。国や関係自治体への説明でも事態を過小評価していたことになる。当時の社内マニュアルに炉心溶融の判断基準が明記されていたものの、事故後に全面改定され、かつて基準が存在したことを5年間、見過ごしていたという。《共同通信》

2月24日/のできごと