平成9908日目

2016/02/23

【皇太子殿下】56歳の誕生日

皇太子さまは23日、56歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、宮内記者会と会見し、来月11日で発生から5年となる東日本大震災について触れ「雅子と共に、被災者一人一人の悲しみや苦労に思いを寄せ、健康と幸せを祈りながら、被災地の復興に長く心を寄せていきたい」と語った。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【NHK】子会社着服問題で全役員が報酬2カ月返納

NHKは23日、子会社NHKアイテックの社員2人が約2億円を着服した問題で、籾井勝人会長ら役員10人全員と、今月退任した前専務理事2人の計12人について、役員報酬の50~10%をいずれも2カ月、自主返納すると発表した。《毎日新聞》

【ボクシング・亀田兄弟】JBCに対し損害賠償請求

ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(29)らの代理人を務める北村晴男弁護士(59)が23日、東京・霞ヶ関の司法記者クラブで会見。1月14日に興毅氏ら3兄弟と亀田プロモーションが原告となり、日本ボクシングコミッション(JBC)とJBC理事10人らを相手に約6億6000万円の損害賠償請求訴訟を起こしたことを明かした。2013年12月に次男・大毅氏のIBF世界戦で「負けても防衛」騒動が発生。JBCの処分で亀田家は国内で活動停止に追い込まれた。興毅氏らはジム移籍の道も模索したが、JBCに却下された。 《東京スポーツ》

【新千歳空港】JAL機から煙、緊急脱出

23日午後3時10分ごろ、離陸のため誘導路を走行していた新千歳発福岡行きの日本航空3512便(ボーイング737―800型機)の右エンジンから煙が出た。煙が機内に入り込んだため、乗客159人と乗員6人の計165人がシューターで緊急脱出し、機外に避難した。千歳市消防本部によると、脱出の際に腰を打つなどして、67~74歳の女性3人が腰などに痛みを訴えたほか、22歳の男性が体調不良を訴え、市内の病院に搬送された。国土交通省は重大インシデントと判断し、運輸安全委員会は事故調査官4人を現地に派遣することを決めた。《北海道新聞》

【千葉地裁】自転車死亡事故で有罪判決

千葉市の路上で昨年6月、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を運転中、歩行者の女性=当時(77)=をはねて死なせたとして、重過失致死罪に問われた大学2年の男子学生(20)に、千葉地裁(岩田真吾裁判官)が23日、禁錮2年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年6月)の有罪判決を言い渡した。《共同通信》

【千葉県警】爆破予告で出頭した男を窃盗容疑で逮捕

千葉県警捜査1課は23日、住居表示板を盗んだとして県内の大学に通う埼玉県上尾市の男(20)を窃盗容疑で逮捕した。男は昨年から今年にかけて東京23区の区役所などに「爆破予告メールを送った」と言って1月下旬、千葉県警松戸東署に出頭しており、県警は自治体や官公庁に相次いでいる爆破予告メールとの関連も調べる。

【プロ野球・広島】前田健太投手の譲渡金の一部をキャンプ地に寄付

広島は23日、キャンプ地の宮崎県日南市と、沖縄県沖縄市に1億円ずつを、寄付したと発表。ポスティングシステムを利用して、米大リーグ・ドジャースへ移籍した前田健太投手(27)の譲渡金の一部を、キャンプ地にそれぞれ還元した。《デイリースポーツ》

【ノルディックスキーW杯複合個人】渡部暁斗選手が2位

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は23日、フィンランドのクオピオで個人第15戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は2位で、4戦連続今季11度目の表彰台に立った。《共同通信》

【韓国】仁川空港リニアで火災

韓国の仁川国際空港と付近の地域を結び、3日に一部区間が開通したリニアモーターカーの橋脚付近で23日、火災が発生した。けが人はなく、火はすぐに消し止められたが、全線で運行を停止した。韓国の国土交通省が明らかにした。

開通したのは仁川空港―龍遊間で、国交省などによると、龍遊駅と車両基地を結ぶ区間で火災があった。客を乗せる区間ではなく、設備の電気ケーブルが出火元とみられる。

仁川空港のリニアは3日に開通したが、一番列車が運転開始から8分後に急ブレーキがかかり、一時停止するトラブルがあった。《共同通信》

【米・オバマ大統領】グアンタナモ閉鎖計画発表

オバマ米大統領は23日、キューバ東部グアンタナモの米海軍基地にあるテロ容疑者収容施設の閉鎖計画を発表した。

オバマ氏はホワイトハウスで声明を読み上げ、「責任ある確かな閉鎖」を進めると述べ、議会の協力を求めた。

オバマ氏は、収容施設は「米国の安全保障上の国益に合致しない」と指摘。問題を次期大統領に積み残したくないと述べ、米国の安全を確保する形で閉鎖実現に努力すると強調した。2017年1月の任期切れまでの実現を目指す。《共同通信》



2月23日 その日のできごと(何の日)