平成9898日目

2016/02/13

【新東名高速】浜松いなさJCT〜豊田東JCT供用開始

首都圏と中部圏を結び、日本の新たな大動脈となる新東名高速道路の浜松いなさジャンクション(JCT、浜松市)と豊田東JCT(愛知県豊田市)間(約55キロ)が13日午後開通した。並行する東名高速道路の渋滞緩和効果も期待でき、東京―名古屋間の平均的な移動時間は4年前の新東名開通前に比べて1時間程度短くなる。《日経新聞》



 

【スキーW杯ジャンプ】高梨沙羅選手、W杯10連勝でストップ

総合首位の高梨沙羅(クラレ)が合計263・2点で4・5点差の2位に終わり、W杯連勝が「10」で止まった。高梨は1本目で最長の91・5メートルを飛んだが、地元スロベニアのマヤ・ブティッチに2・3点差の2位で折り返し。2本目でも同じ91・5メートルを記録したものの得点は伸びず、逆転できなかった。《スポーツ報知》

【自民党・茂木敏充選対委員長】京都3区補選は慎重対応

自民党の茂木敏充選対委員長は13日、宇都宮市内での会合で、宮崎謙介衆院議員の議員辞職表明に伴う衆院京都3区補欠選挙の候補者擁立に関し、慎重に対応する意向を示した。「すぐに候補者を選び先に行動するよりも、まず謹慎なのだと思う。国民が今回の件について、どう判断するかをきちんと見極めた上で対応を考えたい」と述べた。

二階俊博総務会長は「これから党方針を固めていく」と長崎市で記者団に語った。《共同通信》

【千葉県鎌ケ谷市】消防署内での暴行が発覚

千葉県鎌ケ谷市消防本部は13日、同市の中央消防署の署員3人が数年前から後輩8人に、たばこの火や熱くなった焼き肉用のトングを手に押し付けるなどの暴行を加えていたことを明らかにした。消防本部によると、3人は係長(41)、主査(37)、主任(34)。ほかにも訓練中や飲食時に頭を踏みつけたり、蹴ったりするなどの行為を繰り返し、1人にあばら骨にひびが入るけがを負わせていた。

また昨年2月には、高さ約5メートルの地上に張られたロープを往復する訓練で、疲労で進めなくなった後輩を1時間以上、宙づりにしたまま放置。後輩は右足の神経を痛めるけがをした。1月末、市に匿名で訴える手紙が届き、市と消防本部が聞き取り調査をしていた。3人は事実を認めている。消防本部は「暴力行為はあってはならない。市の調査が終わり次第、速やかに対処したい」としている。《産経新聞》

【KAT―TUN】ソロ専念へ

アイドルグループ「KAT―TUN(カトゥーン)」のメンバーが、デビュー10周年を記念したライブツアーの終了する5月1日以後、ソロ活動に当面専念することが13日、分かった。グループ活動の再開時期は未定だが、活動休止ではなく「充電期間」だとしている。

所属事務所によると、3月に田口淳之介さん(30)が脱退。ライブツアーは4月から亀梨和也さん(29)、中丸雄一さん(32)、上田竜也さん(32)の3人で行う。亀梨さんは「この先、僕たち自身がしっかりと道筋を示し、未来に向かうべきだと話し合いました」とコメントした。《共同通信》

【台湾・台南市】地震の死者は116人に

台湾南部を襲った地震は13日で発生から1週間となった。最大の被害を出した台南市の16階建ての倒壊ビルについて、頼清徳市長は同日夕、行方不明者をすべて発見したとして現場での捜索活動の終結を宣言した。ビル現場での死者は114人、全体では116人に上った。負傷者は550人。《毎日新聞》



2月13日 その日のできごと(何の日)