平成9819日目

2015/11/26

【韓国・ソウル】故・金泳三元大統領告別式

Embed from Getty Images

22日に87歳で死去した韓国の金泳三元大統領の告別式が26日、ソウル中心部の国会議事堂前広場で行われた。黄教安(ファン・ギョアン)首相が葬儀委員長を務める「国家葬」として営まれ、日本政府の特使として日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相ら外国要人らが多数参列し、粉雪が舞い上がる極寒の空の下で故人に別れを告げた。

黄首相は告別式の弔辞で「元大統領は生涯を通じて民主化のために献身した。大道無門の政治哲学と民主主義のための確固たる信念で我が国民と共に民主化の道を歩んだ」と故人をたたえた。韓国大統領府によると、朴槿恵(パク・クネ)大統領は体調不良のため、遺体が安置されていたソウル大病院を訪れるにとどめ、告別式を欠席した。《日経新聞》




【ロシア】トルコに対抗措置

ロシアのプーチン大統領は26日、トルコ軍機による露軍機撃墜をめぐり、「まだ謝罪もない。ロシアとの関係をわざと袋小路に追い込んでいる」とトルコへの不快感を示した。露政府は同日、トルコからの農産物輸入を制限するなどの対抗措置を決めた。絵ベルギー協力も凍結する方針だ。

プーチン氏はクレムリンで開かれた外国大使からの信任状を受ける式典で、「対テロの同盟国と思っていた相手から背中に裏切りの打撃を受け、不可解だ」と述べた。その場にトルコの大使はいなかった。《読売新聞》

【橋下徹大阪市長】「自分探しの旅にでもでようかな」

大阪市の橋下徹市長(46)=大阪維新の会代表=が26日、大阪市役所に登庁し、大阪維新が22日の大阪ダブル選挙で圧勝を飾って以降、初めて取材会見を開いた。圧勝劇に「投票してくださった全ての皆さん、ありがとうございました」と感謝。

12月18日の任期満了を持っての政界引退後に自由を謳歌することを宣言したが、オファー殺到が予想されるタレント業について「そんなの無理でしょ。(オファーも)ないです」と一抹の不安?を語り「自分探しの旅にでも出ようかな」と笑わせた。《デイリースポーツ》

【J1・鹿島】本山雅志選手の退団を発表

鹿島の元日本代表MF本山雅志(36)が今季限りで退団することが26日、決まった。98年の入団以降、同一クラブへの18年連続在籍は、同期のGK曽ケ端準(36)と並ぶJ1史上最長タイ記録。02年から鹿島の10番を背負ったファンタジスタが、チームを離れることになった。

「1年でも長くピッチの上で輝きたい」と現役続行を希望しており、出場機会を増やすため、愛着あるクラブを去る決断をした。来季の所属先は現段階で未定だが、興味を示しているクラブは複数あるという。今季はJ1で6試合139分の出場にとどまっていた。《日刊スポーツ》

【県岐阜商・高橋純平投手】ソフトバンク入団に合意

ソフトバンクは26日、ドラフト1位で指名した県岐阜商高の高橋純平投手(18)と入団交渉し、契約金1億円、出来高払い5千万円、年俸1500万円の条件で合意した。背番号は未定。高橋は「1年目から1軍のマウンドを狙う」と抱負を語った。《朝日新聞》

【兵庫・三木市】山陽道でトレーラーが横転、缶酎ハイが散乱

f_08598118

26日午前11時15分ごろ、兵庫県三木市志染町の山陽自動車道上り(片側2車線)で、右側車線を走っていた大型トレーラーが左側の側壁に衝突。トレーラーは大破し、積み荷の缶チューハイが路上に散乱した。現場は一時的に10キロ以上の渋滞が発生したほか、西日本高速が同自動車道上りの三木小野-三木東インターチェンジ(IC)間を通行止めにした。《産経新聞》

【新潟日報社】ツイッターで弁護士を中傷、元報道部長を懲戒休職処分

新潟日報社は26日、インターネットの投稿サイト「ツイッター」上で新潟市の弁護士T氏を中傷するなどの書き込みをしたS元上越支社報道部長(53)=25日付で同部長職を解き経営管理本部付=を懲戒休職(無給・無期限)処分とした。新潟日報社は元部長の書き込みについて、過去のものも含めて内容や経緯などを詳しく調査してきた。

調査結果では、元部長は2011(平成23)年3月ごろから社に届け出ることなく匿名で投稿を始めた。13年ごろからツイッター上での論争の中などで、人権侵害や差別につながるような内容を、著しく品位を欠いた表現で繰り返し投稿していた。T氏に対しては今年11月20日に「はよ、弁護士の仕事やめろ」「こんな弁護士が新潟水俣病3次訴訟の主力ってほんとかよ」などと暴言、中傷する内容を書き込んだ。

調査では、元部長に対して聞き取りを行い、個々の書き込みについて本人が投稿したものかどうかなどを厳正に確認した。その結果、不適切な内容、表現の書き込みの大半を「自ら行った」と認めたため、新聞人としてあってはならない行為である上に報道部長という役職だったことを考慮して厳重処分とした。聴取に対し元部長は「仕事のストレスなどがあり、酒を飲みながら投稿してしまった」と話している。《新潟日報》

11月26日/のできごと