平成9808日目

2015/11/15

【G20首脳会議】トルコで開幕

Embed from Getty Images

主要20か国・地域(G20)首脳会議が15日、トルコ南部アンタルヤで開幕した。

パリで発生した同時テロを受け、各国首脳らはテロ対策を重点に協議する。16日の閉幕時にまとめる首脳宣言とは別に、結束してテロと戦う姿勢を示す声明を15日夜にも発表する見通しだ。

G20首脳は、15日夜の夕食会で、パリでの同時テロや、内戦が続くシリア情勢、欧州に続々と押し寄せている難民問題について集中的に協議する。フランスのオランド大統領は今回の非常事態への対応にあたるため欠席した。

オバマ米大統領とロシアのプーチン大統領は15日、G20会場で予定外の非公式会談を行った。ロシアが9月にシリア空爆を開始して以来、米露首脳同士の接触は初めて。パリ同時テロを受け、イスラム過激派「イスラム国」掃討作戦や、シリアの政権移行について協議したものとみられる。《読売新聞》




【安倍晋三首相】各国連携を強調

安倍首相は訪問中のアンタルヤで、テロ対策に各国が連携して取り組む必要性を訴えた。

首相は15日午前、欧州連合(EU)のユンカー欧州委員長と会談し、「我々が共有し、守ろうとする価値に対する挑戦だ。国際社会が一致団結して、断固非難すべきだ」と強調した。ユンカー氏も「パリ市民だけへの攻撃ではなく、共通の価値観への攻撃だ」と応じた。

首相は15日午後には、主要20か国・地域(G20)首脳会議開幕直後の昼食会で、パリの同時テロに関し発言した。首相は「強い衝撃と怒りを覚える。犠牲になった方々に哀悼の意を表し、陣頭指揮をとるオランド大統領はじめ仏政府と国民に連帯の意を表明する」と述べた。《読売新聞》

【フランス】「イスラム国」空爆

フランス国防省は15日、シリア北部ラッカのイスラム過激派組織「イスラム国」の拠点を同日空爆したと発表した。パリ同時テロ後では初めて。オランド大統領は今回のテロを決行した「イスラム国」への攻撃を警告しており、早期の空爆実施でテロに屈しない姿勢を鮮明にした。

同省によると、空爆には、ヨルダンやアラブ首長国連邦(UAE)に駐留する仏軍の戦闘機や爆撃機など12機が参加。米軍と連携しながら、訓練施設のほか、武器の貯蔵施設や司令本部などを爆弾20発で攻撃した。

フランスは今年9月、シリアの「イスラム国」拠点への空襲を開始したが、今回は、これまでで最大規模となった。ラッカは「イスラム国」が「首都」とし、社会基盤などを整備する最重要拠点だ。オランド氏は14日、今回のテロを「戦争行為」と断じ、「『イスラム国』の蛮行を許さない」と述べ、「反撃」を予告していた。《読売新聞》

【野球プレミア12・1次ラウンドB組】日本6-5ベネズエラ

野球の国際大会「プレミア12」第7日は15日、台北などで1次ラウンドの残り6試合が行われ、決勝トーナメントに進む8チームが出そろった。

B組はすでに1位通貨を決めている日本代表「侍ジャパン」がベネズエラに6−5でサヨナラ勝ちして5連勝。16日の準々決勝ではプエルトリコと対戦する。

米国、韓国、メキシコも突破した。A組ではカナダが5連勝で1位通過を決め、キューバ、オランダも8強入りを果たした。《読売新聞》

11月15日/のできごと