2015 平成27年11月16日(月)

平成9809日目

2015/11/16

【G20】対テロ連帯声明

Embed from Getty Images

15日からトルコ南部アンタルヤで開かれていた主要20か国・地域(G20)首脳会議は16日午後、テロと戦う決意を示す緊急声明と、成長戦略の着実な実施を再確認する首脳宣言を採択し、閉幕した。

テロ対策の声明では、パリ同時テロと、トルコの首都アンカラで10月に起きた爆弾テロを「可能な限り最も強い表現で非難する」とし、国際社会が連携してテロと戦う決意を示した。

オバマ米大統領は閉幕後の記者会見で、イスラム過激派組織「イスラム国」対策について「これまで実施してきたことを加速させ、増強する」と述べ、空爆などの軍事作戦を一層強める考えを示した。《読売新聞》




【仏・バルス首相】テロ再発を警告

パリで13日に発生した同時テロについて、フランスのバルス首相は16日、地元ラジオのインタビューで、「シリアで考案され、計画され、組織化されたものだ」と指摘した。「テロ攻撃は数日間や数週間で再び起こる可能性はある」とした上で、「欧州各国に対するテロが計画されている」と警告した。

カズヌーブ仏内相は、16日までに国内168か所を一斉に捜索したことを明らかにした。仏警察は、ロケット砲や自動小銃などの武器を押収した。《読売新聞》

【仏・オランド大統領】「イスラム国」への空爆を強化

オランド仏大統領は16日、議会で演説し、「我々はシリアでの軍事行動を強化する」と述べ、テロを実行した「イスラム国」に対する空爆を増強する考えを示した。

「一つの大同盟が必要だ」とも話し、「イスラム国」掃討に向けて国際社会に団結を呼び掛けた。国内の治安維持のため、2年以内に警官5000人を増員する姿勢も示した。《読売新聞》

【Do you trust me? 】イスラム教徒の男性がパリの街頭に立つ

【野球・プレミア12準々決勝】日本9―3プエルトリコ

野球の国際大会「プレミア12」第8日は16日、台北などで準々決勝4試合が行われた。日本代表「侍ジャパン」はプエルトリコに9−3で大勝し、準決勝に進んだ。

日本が13安打9得点の猛打で準決勝に駒を進めた。一回に筒香の左前打で先制し、三回以降も小刻みに加点して主導権を握った。坂本がチーム最多3打点。先発の前田は7回を4安打無失点、無四球の快投。プエルトリコはバッテリーを中心に守りが乱れた。《読売新聞》

11月16日/のできごと