平成9609日目

2015/04/30

この日のできごと(何の日)

【この日の安倍総理】

カリフォルニア州知事と会談

安倍晋三首相は30日夜、宿泊先のホテルでカリフォルニア州のブラウン知事と会談し、同州が進める高速鉄道導入計画に日本の新幹線を採用するようトップセールスした。成長戦略の一環として進める官民連携によるインフラ輸出を自ら後押しした。

4月30日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】カリフォルニア州知事と会談
https://www.kantei.go.jp/

首相は会談で「開業以来一回も死亡事故がない」「短時間で多くの人を運べるので環境に良い」などと強調した。知事は「安全性は魅力的だ。環境や速度、乗り心地も重要だ」と応じたが、「高速鉄道は導入費用が高いとの声がある」とも指摘した。《日経新聞》



【今井雅之さん】病状「末期がんのステージ4」

俳優の今井雅之(54)が30日、都内で、大腸がん治療のため降板した主演舞台「THE WINDS OF GOD」(5月1~31日、東京・新国立劇場ほか)の公開げいこ前に会見を行い、病状について、「末期がんのステージ4」と告白した。

歩いて会見場に姿を見せた今井は「プライドで歩きました」と声を振り絞り、「これが精一杯の声です」とマイクを通した状態でも弱々しい声であいさつ。降板には「ドクターストップと自分の判断。生きてることがつらい」と目に涙を浮かべ、無念さをにじませた。

病状経過についても説明した。昨年8~9月に風邪と診断されたが、胃など痛みが治まらず別の病院で検査。11月に大腸がんの手術を受けた。12月末に抗がん剤が合わず使用を中止したが、今年3月末に抗がん剤治療を再開したことも明かした。《デイリースポーツ》

【岸田文雄外相】キューバ訪問

岸田文雄外相は4月30日午後(日本時間5月1日午前)、キューバの首都ハバナに到着した。日本の外相の同国訪問は初めて。岸田氏は2日、ロドリゲス外相や閣僚評議会(内閣)のカブリサス副議長らと会談し、経済協力などについて協議する見通しだ。

岸田氏はハバナ到着後の30日午後、キューバ日本友好議員連盟のグティエレス会長と会談。グティエレス氏が「2国間関係の強化に貢献したい」との意向を表明したのに対し、岸田氏は「経済関係強化に協力してほしい」と要請した。《共同通信》

【ネパール】地震から5日ぶりに2人救出

ネパール大地震で、同国の救助隊などは30日、地震発生から5日ぶりに、首都カトマンズの倒壊した建物のがれきから少年(15)と女性(42)を救出した。内務省当局者が明らかにした。被災者の生存率が著しく下がるとされる発生後72時間はすでに経過しており、奇跡の救出となった。ネパール政府の30日までの集計では、同国での死者は5825人。近隣国を含めた犠牲者数は5900人を超えた。《共同通信》

【中日・谷繁元信選手兼任監督】通算3000試合出場達成

中日谷繁元信兼任監督(44)が史上2人目の通算3000試合出場を達成した。巨人戦に「8番・捕手」で今季初スタメン。試合成立の5回終了後、巨人高橋由から花束を受け取ると場内と両軍ベンチに深々と頭を下げた。立ち上がった巨人ファンからも大きな拍手喝采を浴びた。

島根・江の川(現石見智翠館)から88年ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。高卒ながら1年目から80試合に出場した。02年に中日にFA移籍し、昨年からは兼任監督として出場を重ねてきた。プロ27年目でたどり着いた偉業だった。野村克也氏の持つ通算3017試合のプロ野球記録も目前に迫っている。《日刊スポーツ》

【ベトナム戦争】終結から40年

ベトナム戦争を終結させた、1975年4月のサイゴン(現ホーチミン)陥落からちょうど40年の30日、ホーチミンで記念式典が開かれた。

式典にはグエン・フー・チョン共産党書記長やチュオン・タン・サン国家主席らベトナムの最高指導部が出席した。戦争の歴史的意義を強調し、共産党一党支配による現体制の正統性を国内外にアピール。軍によるパレードやダンス、歌なども披露され、国家の団結や戦後ベトナムの発展を誇示した。

南北に分断されたベトナムの人々が互いに戦った戦争は、サイゴン陥落により北ベトナムの勝利に終わり、南北統一につながった。《共同通信》

【パキスタン】マララさん銃撃10人に実刑判決

パキスタンメディアによると、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん(17)が2012年に銃撃された事件で、反テロ法廷は30日、犯行に関与した武装グループのメンバー10人に実刑判決を言い渡した。

法廷は非公開で、判決の詳細な内容は明らかになっていない。地元メディアは、逮捕された10人全員が禁錮25年を言い渡されたとしている。しかし、軍関係者や地元治安当局者は共同通信に対し、10人のうち2人がそれぞれ禁錮46年の判決を受けたとしており、情報が錯綜している。《共同通信》

【国連・人権侵害討論会】北朝鮮外交官が異例の出席

米国と韓国の国連代表部は30日午前(日本時間同日夜)、国連本部で北朝鮮による人権侵害をテーマにしたパネル討論会を開催した。北朝鮮国連代表部の外交官数人が出席、一方的に米国などを批判する声明を読み上げた。北朝鮮当局者がこうした会合に参加するのは異例。

パワー米国連大使の指示でマイクが切られても、発言を続けた。会場にいた北朝鮮脱出住民(脱北者)とみられる男性から「北朝鮮よ(住民の)殺害をやめろ」と怒号が飛ぶ場面もあった。

北朝鮮外交官は開会に先立ち、一連の人権侵害批判について「米国の策略だ」などと非難する声明文を参加者に配布した。《共同通信》

【米大統領選】クリントン氏に対抗馬

米議会最左派の無所属、サンダース上院議員(73)が4月30日、2016年の次期大統領選で民主党から出馬を目指すと表明した。同党指名候補争いでクリントン前国務長官に正式な挑戦者が登場したのは初めて。

サンダース氏は東部バーモント州選出で2期目。「社会主義者」を自称し、富裕層増税などリベラルな主張で知られる。クリントン氏は民主党候補として独走状態だが、同党左派が企業寄りだとして反対する環太平洋連携協定(TPP)などをめぐり、立場を明確にするよう迫られそうだ。《共同通信》



4月30日 その日のできごと(何の日)