平成9507日目

2015/01/18

【民主党】新代表に岡田克也氏

民主党は18日の臨時党大会で代表選の投開票を行い、岡田克也代表代行(61)が、細野豪志元幹事長(43)と長妻昭元厚生労働相(54)を破り、新しい代表に選出された。岡田氏の任期は平成29年9月まで。4月の統一地方選や来年夏の参院選を控え、低迷する党の立て直しと自民党に対抗する野党の結集で手腕が問われることになる。


https://www.kantei.go.jp/

岡田氏はさっそく幹事長などの党役員人事に着手した。代表選出後の記者会見で「『オール民主』ということを考えてしっかりとした人事を行う」と述べ、細野、長妻両氏の起用を含め挙党態勢で臨む意向を示した。岡田氏を支援した枝野幸男幹事長の続投や、蓮舫参院議員ら女性の幹部登用も視野に検討を進める。

岡田氏は新代表に選ばれた直後、「政権交代は容易なことではない。全員の力が必要だ。私と一緒に苦しい道を乗り越えていこう」と結束を呼び掛けた。投票前の演説では、安倍晋三政権が進める集団的自衛権の行使容認に反対する姿勢を強調し、安倍政権下では憲法改正議論に加わらない意向も重ねて表明。野党再編に慎重な考えを示した。

代表選は昨年の衆院選で海江田万里代表が落選したため行われた。結果は党員・サポーターや地方議員も参加した1回目が細野氏298ポイント、岡田氏294ポイント、長妻氏168ポイント。国会議員らによる上位2人の決選投票で岡田氏が133ポイントを獲得し、細野氏(120ポイント)に逆転勝利した。《産経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【警視庁】つまようじ少年を逮捕

スーパーで商品の菓子につまようじを突き刺す場面や、コンビニで万引しているような様子が動画サイトに投稿された問題で、警視庁は18日、万引したと見せかける虚偽の動画を撮影する目的でコンビニに侵入したとして、建造物侵入の疑いで東京都三鷹市の無職少年(19)を逮捕した。

逮捕容疑は、5日午後7時ごろ、いたずらの目的で東京都武蔵野市のコンビニに侵入した疑い。警視庁によると、容疑を認めている。同庁は、窃盗や威力業務妨害などの疑いでも捜査を進める。《スポニチ》

【第20回全国都道府県対抗男子駅伝】埼玉、2時間19分14秒で初優勝

第20回全国都道府県対抗男子駅伝は18日、広島県広島市の平和記念公園前発着の7区間48キロのコースで行われ、埼玉が2時間19分14秒で初優勝を果たした。《スポニチ》

【卓球・全日本選手権】最終日

卓球の全日本選手権最終日は18日、東京体育館で男女のシングルス決勝があり、女子はロンドン五輪女子団体銀メダリストの石川佳純(全農)が、森薗美咲(日立化成)を4―1(11―7、2―11、11―8、11―5、11―7)で破り、2年連続3度目の優勝を果たした。

石川は、吉村真晴(愛知工大)と組んだ混合ダブルス、平野早矢香(ミキハウス)と組んだ女子ダブルスですでに優勝しており、3冠を達成。女子の全日本3冠は、1960年度の山泉和子以来、54大会ぶり史上2人目の快挙となった。《朝日新聞》

卓球の全日本選手権最終日は18日、東京体育館で行われ、女子シングルス決勝は21歳の石川佳純(全農)が森薗美咲(日立化成)を4―1で下し、2大会連続3度目の優勝を果たした。女子でダブルス、混合ダブルスとの3冠は1960年度の山泉(現姓伊藤)和子以来2人目で54大会ぶり。

男子シングルス決勝は25歳の水谷隼(ビーコン・ラボ)がシード外から勝ち上がった神巧也(明大)にストレート勝ちした。2大会連続7度目の日本一となり、斎藤清の持つ8度の最多優勝記録にあと1と迫った。《日経新聞》

【インドネシア】外国人ら6人の死刑執行

インドネシア司法当局は18日、違法薬物の密輸などの罪で死刑判決が確定していたインドネシア人1人と外国人5人の刑を執行したと発表した。違法薬物がまん延するインドネシアは死刑には犯罪抑止効果があるとの立場だが、欧州や国際人権団体からは執行取りやめを求める声が相次いでいた。

司法当局によると、インドネシアでの死刑執行は、ユドヨノ前政権下の2013年以来。5人の国籍はオランダ、ブラジル、ベトナム、ナイジェリア、マラウイ。18日未明に6人の銃殺刑が執行された。《共同通信》

【香港】デモの学生代表を逮捕、1時間で釈放

昨年9月末から民主的な行政長官選挙を求めて約2カ月半続いた香港大規模デモで、主導した学生団体「香港専上学生聯会(学聯)」の周永康代表が18日、警察の要請に応じて出頭した。警察は違法集会に参加した疑いなどで逮捕したが、1時間余りで釈放した。今後再逮捕する可能性があると警告している。

警察は先週以降、立法会(議会)の民主派議員やデモを主導した別の団体の幹部など、デモの中心的役割を果たした10人以上を逮捕した。民主派に圧力をかけてデモ再発を防ぐ思惑だが、学生らは来月以降に再び幹線道路を占拠して抗議行動を行う姿勢を見せている。《共同通信》

【ローマ法王】マニラでミサ

フィリピン訪問中のローマ法王フランシスコは18日、首都マニラで野外ミサを行った。台風1号がルソン島に上陸した影響で雨が時折激しく降る中、会場となったリサール公園とその周辺には、当局推計で約600万人の住民らが詰めかけた。

ローマ法王のフィリピン訪問は1995年のヨハネ・パウロ2世以来、20年ぶり4回目で、前回訪問時には同じ会場でのミサに約500万人が集まったといわれている。

フィリピンは国民約1億人の8割が信者というアジア最大のカトリック国。大規模ミサは、同国でのカトリック教会の影響力を誇示する格好となった。《共同通信》

【岸田文雄外相】シャルリエブド本社で献花

岸田文雄外相は18日、パリに到着し、空港からフランス連続テロ事件で銃撃を受けた風刺週刊紙シャルリエブド本社近くに直行し献花。「犠牲者にあらためて哀悼の意を表するとともに、フランスへの連帯を示す」と述べた。

献花場所となっている同社そばの路地は、今も多くの人が訪れ花束で埋まっている。献花し黙とうをささげた岸田氏は、フランスのクリスチャン・マセ外務次官(前駐日大使)から、花束と共に残されたメッセージの内容などについて説明を受けた。《共同通信》

【イスラエル】ヒズボラ戦闘員ら6人殺害

イスラエル軍のヘリコプターが18日、シリア南部クネイトラ県のゴラン高原で、敵対するレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラの車列を空爆し、戦闘員ら6人を殺害した。2008年に暗殺されたムグニエ元司令官の息子や、幹部指揮官が含まれる。イスラエル治安当局筋やヒズボラ関係者の話として、フランス公共ラジオなどが伝えた。

ヒズボラが報復攻撃に出る可能性があり、混乱が続く中東に新たな緊張が高まっている。

イスラエルには18日夜、中東歴訪中の安倍晋三首相が到着した。パレスチナ自治区を含めて20日夜まで滞在する。《共同通信》

【大豊泰昭さん】死去

中日、阪神で活躍した大豊泰昭さんが18日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため名古屋市内の病院で死去した。51歳。台湾出身。通夜、告別式は故人の遺志により、近親者のみで執り行う。。09年に発病し、一時回復したが、昨年11月から再度治療と療養をしていた。《スポニチ》



1月18日 その日のできごと(何の日)