平成528日目

平成2年6月19日(火)

1990/06/19

【JR貨物・EF200型直流電気機関車】完成式

インバーター(三相交流変換装置)を制御方式に取り入れるなど、ハイテク技術を駆使したJR貨物の次世代主力機関車、EF200型直流電気機関車が完成、19日、茨城県勝田市の日立製作所水戸工場で完成式が行われた。

EF200型機関車はインバーター付きの1000キロワット三相交流誘導モーター6台を積み、最大出力6000キロワット、最高速度120キロを出せる。コンテナ貨車32両分(1600トン)を引っ張り、普通のの上りこう配区間でも時速95キロで走る高速、強力な機関車。

外観も運転室が青色、胴体が白色のざん新なカラー。パンタグラフも日本では珍しい「く」の字型パンタを取り付け、欧州の機関車のような外観で、従来の機関車との違いをアピールしている。インバーター制御方式は欧州の鉄道で普及しており、日本でも私鉄電車に導入が進んでいるが、大出力の電気機関車では初めて。約1年間のテストの結果を見てEF200型の量産態勢に入りたい考えだ。《共同通信》




【政府・安全保障会議】次期防策定に着手

政府は19日午前、首相官邸で安全保障会議(議長・海部俊樹首相)を開き、平成3年度からスタートする次期防衛力整備計画(次期防)をめぐる検討を開始した。次期防の原案づくりはこれまで防衛庁が陸、海、空3自衛隊の要望を踏まえ事務的に策定してきたが、閣僚レベルで検討するのは今回が初めて。《共同通信》

【大阪地検】無資格で税理士業務、40歳男逮捕

大阪地検特捜部は19日、資格がないのに税理士の業務を行っていたとして兵庫県西宮市「関西財政研究会」主宰A容疑者(40)を税理士法違反の疑いで逮捕、同容疑者の自宅など5ヶ所を家宅捜索した。A容疑者は客の1人の不動産業者から最高で年間2億2000万円の報酬を受け取っており、この不動産業者が報酬額を大きく上回る巨額の脱税をしていた疑いも浮かび上がっている。《共同通信》

【政界メモ】構造協議は米の“お仕置き”?

〇…自民党公共投資推進議員懇談会会長を務める金丸元副総理は19日、党本部で開かれた全国建設業協会との会合であいさつ。日米構造協議の意味を「(日本は)一日延ばしでうまいことを言って米国をだましてきた。すごいお仕置きを受けろというのが構造協議の問題だ」と、“金丸語”で解説。

十カ年の公共投資総額450兆円という自らの発言の反響にも触れ「大蔵省はとても出せないという。私は公共投資のボスという立場だ。“それはできません”と言っちゃいられない」とけん制。「少しでもよこせというのが私の立場だ」と繰り返し、大物ぶりをいかんなく発揮。

〇…この日、大詰めを迎えた衆院税制問題特別委員会の質疑で、自民党の太田誠一氏は2月の総選撃の結果に触れ「民意は消費税廃止ではない」と廃止法案を提出した野党側に迫った。

しかし、「自民党が勝ったのは何百億円も使ったからだ」と言い返されると、「金種選挙と言っても昔からある」「うそを言って当選する人がいても不思議ではない」などと脱線気味。揚げ句の果ては「海部首相(選出)に私は賛成しなかったが、総裁は総裁だ」の発言も飛び出す始末。関心の的は与野党の協議機関に移ったようで、委員会は消化試合の様相?《共同通信》




6月19日のできごと