平成9453日目

2014/11/25

【故・土井たか子さん】お別れの会

9月に死去した元社民党党首の土井たか子元衆院議長の「お別れの会」が25日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた。村山富市元首相ら約870人が参列、遺影に献花した。同党の吉田忠智党首はあいさつで「遺志を引き継ぎ、社民党の再建を果たし、平和憲法を守り抜く」と語った。

女性初の社会党委員長、憲政史上初の女性衆院議長を務め、「護憲」をライフワークとした土井氏。村山氏は「土井さんは『憲法を守り、暮らしに生かす』と叫び続け、頑張ってきた。おたかさん、ありがとう」とあいさつした。伊吹文明前衆院議長は弔詞を贈った後、「闘士のイメージがおありだが、チャーミングな女性でかわいい人だった」と述べ、故人をしのんだ。《産経新聞》




【河野洋平元衆院議長】「私は大きな間違いをおかした」

河野洋平元衆院議長は25日、東京・永田町の憲政記念館で開かれた土井たか子元衆院議長のお別れの会で、「大きな間違いを私は犯しました。今日の日本の政治は、劣化が指摘され、信用ができるか、できないかという議論まである。そうした一つの原因が小選挙区制にあるのかもしれない」と述べ、衆院選に小選挙区制を導入した自らの判断は誤りだったとした。《産経新聞》

【安倍晋三首相】小4なりすましサイトを批判

安倍晋三首相は25日未明、小学4年生になりすましたNPO法人代表理事(すでに辞任)の大学生が今回の衆院解散を疑問視するウェブサイトを開設した問題について「批判されにくい子供になりすます最も卑劣な行為だと思います」とのコメントを、自身の交流サイト「フェイスブック」に書き込んだ。首相は問題のウェブサイトの画像も紹介しながら、「選挙目当ての組織的な印象操作ではないでしょうが、選挙は政策を競い合いたいと思います」と訴えた。《産経新聞》

11月25日/のできごと