平成9454日目

2014/11/26

【香港当局】旺角のデモ隊排除、バリケードなど撤去

Embed from Getty Images

香港の選挙制度の民主化を求める大規模デモで、警察当局は26日、九竜地区の繁華街モンコック(旺角)の道路などを占拠していた民主派デモ隊のバリケードやテントなどの強制撤去を続けた。幹線道路ネイザンロードでも数百人のデモ隊を完全排除し、一部の通行が可能になった。

高等法院(高裁)による街頭占拠禁止命令で25日に始まった旺角での強制撤去で、26日朝までにデモ参加者ら116人が逮捕された。さらに同日、学生団体のリーダー2人を含む20人以上が逮捕され、逮捕者は計148人に上った。警官隊約3千人が数百人規模のデモ隊を催涙スプレーなどで制圧した。警官69人を含む多数の負傷者が出た。

旺角を“奪還”した当局側は近く、デモ隊最大の占拠拠点、香港島のアドミラリティ(金鐘)などでも強制排除に乗り出す構えだ。《産経新聞》




【トヨタ】安全運転支援システムをほぼ全ての乗用車に搭載へ

トヨタ自動車は26日、衝突回避を支援する自動ブレーキなどの安全機能を2017年末までに日本と北米、欧州のほぼ全ての乗用車に搭載すると発表した。自動車同士の無線通信による運転支援システムも15年に国内向け一部新型車に採用し、実用化する。安全システムを充実させ、交通事故の低減につなげたい考えだ。《時事通信》

【渡辺喜美氏】新党結成を断念

解党が決まったみんなの党の渡辺喜美前代表は26日、栃木県那須塩原市で記者会見し、衆院選前の新党結成を断念した上で栃木3区から無所属で立候補すると表明した。これとは別に、同党の松沢成文、和田政宗両参院議員も国会内で記者会見し、解党後の29日に次世代の党に入党することを明らかにした。

【発明家・ドクター中松氏】次期衆院選出馬を表明

発明家ドクター・中松氏(86)=本名・中松義郎=が26日、東京都庁で記者会見し、次期衆院選に東京5区から無所属で立候補すると表明した。6月に「末期がんで余命が2015年末までと診断された」と公表していた。中松氏は「がん撲滅の運動をして患者を助けたい。選挙戦も激務だが、全国の患者にその姿を見てほしい」と話した。東京都出身。都知事選に過去7回出馬している。《産経新聞》

【フィギュア・羽生結弦選手】NHK杯出場決定

フィギュアスケート男子のソチ五輪金メダリストで、GPシリーズ第3戦の中国杯で閻涵(えん・かん)=中国=と激突して負傷した羽生結弦(19)=ANA=が26日、GPシリーズ最終戦NHK杯(28日開幕、大阪・なみはやドーム)に出場することが決定した。羽生は中国杯からの帰国後の精密検査で頭部と下あごの挫創、腹部と左大腿(だいたい)の挫傷、右足関節捻挫など全治2~3週間と診断されたが、本人のNHK杯出場の意志は固かった。《デイリースポーツ》

【プロ野球・MVP】巨人・菅野智之投手、オリックス・金子千尋投手

プロ野球のNPBアワーズが26日、東京都内のホテルで開かれ、今季の最優秀選手(MVP)にセ・リーグは巨人の菅野智之投手(25)、パ・リーグはオリックスの金子千尋投手(31)がともに初選出された。最優秀新人(新人王)にはセが大瀬良大地投手(23)、パはロッテの石川歩投手(26)が選ばれた。

菅野は12勝5敗、防御率2・33で最優秀防御率を獲得し、巨人のリーグ3連覇に貢献。金子は16勝5敗、防御率1・98で最多勝と最優秀防御率の2冠に輝き、最終盤まで優勝を争ったオリックスを支えた。大瀬良は10勝8敗、防御率4・05、石川は10勝8敗、防御率3・43をマークした。

MVPと新人王は日本シリーズ開幕前までのプロ野球担当記者らによる投票で決まる。NPBアワーズは昨年までのプロ野球コンベンションから名称が変更された。《スポニチ》

【国際バスケットボール連盟】日本に資格停止処分

バスケットボール男子のナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)とbjリーグの統合が暗礁に乗り上げている問題で、国際バスケットボール連盟(FIBA)は26日、日本バスケットボール協会に資格停止処分を科すと通知した。日本は処分が解除されるまで、男女とも年代を問わず全ての代表チームが国際試合に出場できない。

長期化すれば、来年に予定されているリオデジャネイロ五輪予選に影響を及ぼす恐れがある。FIBAは問題解決に向け、担当者を日本に派遣する方針を表明。バウマン事務総長は「今後の日本のバスケットボールのため、重要な変化をもたらす時期だ」とのコメントを出した。《時事通信》

【茨城県警】17歳男子高生にわいせつ、自動車販売会社社長を逮捕

茨城県警つくば中央署と県警少年課は25日、男子高校生(18)にわいせつな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反の容疑で、自動車販売店社長A容疑者(66)を逮捕した。調べに対し行為は認めているものの、「18歳だと思っていた」と容疑を否認しているという。逮捕容疑は、今年7月26日、つくば市内のホテルで、当時17歳だった男子高校生が18歳未満であると知りながら、下半身を触るなど、わいせつな行為をしたとしている。

【東京地検】覚せい剤所持で日経新聞次長を起訴

東京地検は26日、覚せい剤取締法違反(所持)と麻薬特例法違反の罪で、日本経済新聞社文化事業部次長、A容疑者(46)を起訴した。起訴状によると、1月15日、都内の郵便局で覚せい剤が入っていると認識しながら荷物を受け取り、規制薬物として譲り受けた。また、11月6日、神奈川県内の自宅で覚せい剤約0.369グラムを所持したとされる。《産経新聞》

【静岡県警】傷害などの容疑で静岡新聞社取締役を逮捕

焼津署は26日、傷害と器物損壊の疑いで焼津市、静岡新聞社役員A容疑者(61)を逮捕した。逮捕容疑は10月18日午前0時ごろ、焼津市内の路上に停車中のタクシーの中で、後部座席から運転席部分のアクリル板を数回殴って損壊させた上、殴打の反動でアクリル板をタクシー運転手にぶつけ、頭部打撲の軽傷を負わせた疑い。同署によると、A容疑者は「(アクリル板は)たたいたが、壊していないし、けがもさせていない」と容疑を否認しているという。A容疑者は静岡市で飲酒し、自宅に帰る途中だった。《静岡新聞》

11月26日/のできごと