平成9450日目

2014/11/22

【長野県神城断層地震】

22日午後10時8分ごろ、県北部を震源とする強い地震があった。長野市戸隠、鬼無里、北安曇郡小谷村中小谷、上水内郡小川村高府で震度6弱、長野市箱清水、豊野町、中条、北安曇郡白馬村北城、上水内郡信濃町柏原で震度5強を観測した。長野地方気象台によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・8と推定される。午後10時37分ごろにもほぼ同じ震源の強い地震があり、小谷村中小谷で震度5弱を観測した。長野地方気象台によると、地震の規模はマグニチュード(M)4・3、震源の深さは10キロと推定される。

県警によると、白馬村神城では家屋5棟が倒壊し、中にいた21人全員が救出され、うち2人がけがをしたという。白馬村の消防団によると、同村神城では、堀之内公民館を含め10棟以上が半壊した。

長野市消防局によると、たんすの下敷きになったり、物が落ちたりして頭などにけがをした8人を救急搬送した。上水内郡飯綱町によると、同町古町の自宅にいた男性(68)が地震の際に転んで額にけがをした。《信濃毎日新聞》




【WBCスーパーフェザー級タイトル戦】三浦隆司選手、3度目の防衛に成功

世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦が22日、横浜国際プールで行われ、チャンピオンの三浦隆司(帝拳)が挑戦者で同級1位のエドガル・プエルタ(メキシコ)に6回2分15秒でTKO勝ちし、3度目の防衛に成功した。

6回に左ストレートでぐらつかせ、さらに連打で攻めたところでレフェリーが試合を止めた。三浦は32戦28勝(21KO)2敗2分け、プエルタは29戦23勝(19KO)5敗1分け。

WBCフライ級タイトルマッチ12回戦では王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がロッキー・フエンテス(フィリピン)に6回2分11秒でTKO勝ちし、初防衛に成功した。戦績は41戦全勝(35KO)。《スポニチ》

【維新の党】衆院選の公約を発表

維新の党は22日、衆院選の公約を発表した。安倍首相の経済政策「アベノミクス」について「日本経済の再生はおろか、国民の生活を守ることもできない」と批判。その上で「身を切る改革。実のある改革」をスローガンに、国会議員定数・歳費の3割削減や、農協改革、電力自由化の推進などを掲げた。

柿沢未途政調会長は記者会見で「身を切る改革は自民党にも民主党にもできない」と述べた。《読売新聞》

11月22日/のできごと