平成9403日目

2014/10/06

【台風18号】首都圏直撃

大型で強い台風18号は6日朝、浜松市付近へ上陸後、勢力を保ったまま首都圏を直撃し、東北沖の太平洋へ進んだ。夜には温帯低気圧に変わる見通し。暴風域では避難指示が5万人以上、避難勧告が8都県の約270万人に出されるなど各地で猛烈な雨や風による被害や混乱が相次いだ。

5日以降の被害は死者1人、行方不明者6人。警察庁によると、全国の重軽傷者は計49人に上った。6日は、横浜市で土砂崩れに巻き込まれた男性2人と、神奈川県横須賀市の海岸で波にのまれた中学3年の男子生徒(15)の計3人が行方不明となった。

交通は東海道新幹線が一部区間で運転を取りやめ、JR在来線の運休や空の便の欠航など交通に影響した。東海道線由比-興津間では土砂崩れが発生し、復旧のめどが立っていない。

6日の1時間雨量は静岡市葵区で87・0ミリなど観測史上最多を記録。24時間雨量も静岡県の各地や三重県尾鷲市、山梨県南部町で400ミリ前後に達し、横浜市中区は300ミリ超となり観測史上最多だった。《産経新聞》




【楽天・星野仙一監督】退任セレモニーが延期に

楽天は6日、台風18号の接近に伴う悪天候の影響で、予定されていたオリックス戦(コボスタ宮城)を中止した。本来ならこの日が今季最終戦。退任する星野仙一監督(67)の最後の試合でもあったが、ドタバタの末、7日に順延となった。《デイリー》

【警視庁】イスラム国へ参加のため渡航を企てた大学生らを聴取

シリアの反政府武装組織「イスラム国」に加わろうと渡航を企てたとして、警視庁公安部は6日、刑法の私戦予備・陰謀の疑いで北海道大の男子学生(26)=休学中=らを事情聴取し、東京都内の関係先数カ所を家宅捜索した。公安部の調べに、男は「イスラム国の戦闘員として働きたかった」と容疑を認めている。日本人がイスラム国に参加する動きが発覚したのは初。《産経新聞》

10月6日/のできごと