平成9391日目

2014/09/24

【この日の安倍総理】

ヒラリー・クリントン氏と会談

安倍晋三首相は24日午前(日本時間24日夜)、米ニューヨークのホテルで開かれた女性関連イベントでヒラリー・クリントン前国務長官と対談し「女性が活躍すれば、日本はもっと成長できる」と述べ、自身が掲げる「女性が輝く社会」実現への決意を表明した。


https://www.kantei.go.jp/

首相は、女性の進出によって「企業は生産性が向上する」と指摘。今月3日の内閣改造で女性閣僚5人を起用した「実績」や、世界各国の女性指導者らを東京に招いて今月開催された国際シンポジウム(女性版ダボス会議)の成果も紹介した。

対談は慈善団体「クリントン財団」のイベントの一環。《共同通信》

仏・オランド大統領と会談

安倍晋三首相は24日午前(日本時間同日夜)、フランスのオランド大統領と米ニューヨークのホテルで会談し、ウクライナ情勢を受けたロシア対応について「制裁を通じた圧力とともに、対話と関与を通じた働き掛けも大事だ」と述べた。首相は11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせたロシアのプーチン大統領との会談を模索しており、これを念頭に置いた発言とみられる。

一方で首相は、日本政府が追加的な対ロシア経済制裁を24日に発動したことも伝えた。オランド氏は「評価する」と応じた。《共同通信》

豪・アボット首相と会談

安倍晋三首相は24日午後(日本時間25日未明)、オーストラリアのアボット首相とニューヨーク市内で会談し、自衛隊とオーストラリア軍による共同訓練、運用を円滑化させる新協定締結に向けた作業を加速させることで一致した。7月に両首脳が署名した経済連携協定(EPA)の早期発効を目指す方針も確認した。

新協定は災害救援、安全保障分野などでの協力を強化するため、それぞれの国での共同訓練、共同運用をスムーズに実施するための取り決め。7月の首脳会談の際に発表された共同声明には、外務・防衛当局間で交渉を始めることが盛り込まれていた。《共同通信》

国連・潘基文事務総長と会談

安倍晋三首相は24日午後(日本時間25日未明)、国連の潘基文事務総長と米ニューヨークの国連本部内で会談し、西アフリカで感染が拡大するエボラ出血熱対策について「追加支援策を検討している」と表明した。

潘氏は、世界保健機関(WHO)への資金支援など日本のこれまでの取り組みに謝意を伝えた。双方は今後も連携していくことを確認した。

これに先立ち、首相は国連本部でのアフリカ地域経済共同体の議長国首脳会合であいさつし「エボラ熱との闘いに可能な限りの力を尽くす」と強調した。会合にはガーナのマハマ大統領、エチオピアのハイレマリアム首相らが出席した。《共同通信》

NYで和食の魅力発信


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は24日夕(日本時間25日朝)、政府が米ニューヨークで開いた和食の魅力を発信するイベントに和服姿で出席し「日本には豊かな自然が育み、手間ひまをかけて作られた食材がある」とアピールした。立食会場に次々と運び込まれた大皿が数分で空になる人気ぶりだった。

日本の国連大使公邸でのイベントには、国連総会でニューヨークを訪れた各国政府要人らが招待された。和食文化への理解を深め、日本産の農産物の輸出拡大につなげる狙いがある。 この日は、宮崎牛や栃木県産のコシヒカリ、静岡県産のメロンや抹茶などの食材を使った約10品の料理が振る舞われた。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【福井】回転寿司店のアルバイトが「はさみの天ぷら」画像をツイッターに投稿

【みんなの党・渡辺喜美前代表】党執行部の聴取拒否

みんなの党の渡辺喜美前代表は24日、党の路線をめぐって対立している浅尾慶一郎代表ら執行部が求める事情聴取を拒否する意向を表明した。国会内で記者団に「事情聴取などという、おどろおどろしい言葉を使って悪宣伝をするのはやめるべきだ」と強調した。

これに先立つ党役員会では、渡辺氏が掲げる「与党再編」路線は党として否定したにもかかわらず、この党方針と異なる発言を外部で続けている可能性があるとして、事情を聴く方針を確認した。渡辺氏は無役のため出席しておらず、異論はなかった。浅尾氏は渡辺氏の処分を検討しており、聴取はその前提となる。《共同通信》

【政府】対ロ追加制裁を発動

政府は24日、ウクライナ情勢を踏まえ、ロシア最大手銀行ズベルバンクを含む五つの金融機関による日本での証券発行の制限を柱とする対ロ追加経済制裁の措置を閣議了解し、同日付で発動した。米欧が既に追加制裁を決定したことを受け、歩調を合わせた。菅義偉官房長官が24日午後の記者会見で発表した。

菅氏は「引き続き先進7カ国(G7)や国際社会と連携しながらウクライナ情勢の平和的、外交的解決を目指す」と強調した。ただロシア側の対応次第では、今回の措置を解除する意向も示し、ロシア側への配慮をにじませた。《共同通信》

【沖縄県知事選】喜納昌吉氏は出馬表明

任期満了に伴う県知事選挙(10月30日告示、11月16日投開票)に民主党県連代表で元参議院議員の喜納昌吉氏(66)は24日、那覇市内で記者会見を開き、出馬を正式に表明した。

喜納氏は会見で、「3人の立候補者で辺野古撤回を明確に提言する人がいない。一度は政権を取った民主党が、もう一度明確な意思を示すチャンスだ」と強調。知事選で争点となる米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設については当選した場合、移設の前提となる沿岸部の埋め立て承認を撤回するとの考えを示した。《宮古毎日新聞》

【神戸女児遺棄事件】近所に住む47歳男を逮捕

神戸市長田区長田天神町の草むらで、行方不明だった同区の市立名倉小1年、Mさん(6)の遺体が見つかった事件で、兵庫県警長田署捜査本部は24日、死体遺棄容疑で、発見現場近くに住む無職の男(47)を逮捕した。

捜査関係者によると、ポリ袋の中から、男の名前が書かれた診察券が見つかったという。捜査本部はMさんの死因を調べ、殺人容疑でも調べる。捜査本部によると、遺体はかなり傷んでおり、性別は判別できない状態だったが、捜査本部は、Mさんの家族と遺体の組織片を鑑定したところ、DNA型が一致した。Mさんは今月11日、下校後に行方不明になり、県警が12日に公開捜査に踏み切っていた。《産経新聞》

【岡田元也イオン社長】「ダイエーの屋号なくす」

イオンは24日、傘下のスーパー、ダイエーを来年1月1日付で完全子会社にすると正式に発表した。東京証券取引所第1部のダイエー株は12月26日付で上場廃止になる予定。店舗が少ない北海道や九州ではイオンの各地のスーパーに店舗運営を移管するなどの大規模な再編に乗り出す。

イオンの岡田元也社長は会見で、法人としてのダイエーは存続させるが、平成30年度をめどに「ダイエーの屋号はなくす」との方針を示した。

ダイエーは6期連続の最終赤字で、抜本改革が不可欠だった。東京都内で会見した岡田社長は「ダイエーはリストラに次ぐリストラで、消費者ニーズの変化に対応できていなかった。テナント構成も、今日の商業施設としては不的確だった」と指摘した。《産経新聞》

【中国】民主化すれば1300万人以上が死亡、一党支配正当化

中国共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」は24日、中国が西側の多党制の政治制度を導入すれば、2年以内に武装衝突が発生し、1億3千万人を超える難民が出かねないとする李満長駐セルビア大使の論文を紹介した。

一党支配を正当化し、民主化の「危険性」をPRする内容。現役大使による根拠に乏しい論文には批判も出そうだ。

論文は「西側の国は自由や人権の名の下に、他国の内政に干渉している」と民主主義国を敵視。多党制を導入したアフリカや旧ユーゴスラビアの各国は混乱に陥り、経済も低迷したままだと強調した。《共同通信》

【ロシア・イワノフ大統領府長官】択捉島訪問

北方領土・択捉島の関係者によると、ロシアのイワノフ大統領府長官が24日午前、特別機で択捉島に到着した。今月22日に開港した新空港を視察し、記念行事に出席するとみられる。

ロシアの閣僚級要人による北方領土訪問はほぼ2年ぶり。プーチン大統領の最側近の一人であるイワノフ氏の訪問は北方領土の実効支配を誇示するもので、日本側の反発を招くとみられる。《共同通信》

北方領土・択捉島を訪れたロシアのセルゲイ・イワノフ大統領府長官は24日、島の中心地、紗那(ロシア名クリーリスク)で地元住民らと対話、高等教育のために島を離れる若者の帰還を促す「何らかの方策を講じる必要がある」と述べ、人々の定住と人口増加に取り組む意向を示した。タス通信などが伝えた。

また2016~25年に北方領土を含む千島列島の社会基盤を整備するロシア政府の「クリール諸島社会経済発展計画」に、民間投資も含め計640億ルーブル(約1800億円)を投じると発言。島の経済的発展に意欲を表明した。《共同通信》

【米軍】シリアで新たな空爆

ロイター通信によると、米国防総省当局者は24日、シリア東部で新たな空爆を行ったことを明らかにした。米軍による2日連続の空爆の可能性がある。シリア人権監視団(英国)によると、シリア北部アインアルアラブと東部アブカマル周辺の過激派「イスラム国」支配地域で23日深夜から24日にかけて空爆があった。

アインアルアラブはトルコ国境付近にある少数民族クルド人の町。イスラム国が9月中旬から攻勢をかけ、周辺の多数の村を武力制圧。クルド人勢力はアインアルアラブに民兵を集結させ防衛に当たっており、米軍に付近のイスラム国部隊への空爆を求めていた。《共同通信》

【カリフの兵士】仏人男性殺害の映像公開

イスラム過激派「イスラム国」の分派で、アルジェリアで活動する「カリフの兵士」を名乗る武装組織が拘束していたフランス人男性の首を切り殺害したとする映像を公開した。フランス公共ラジオが24日伝えた。フランスのバルス首相は「(映像が本物かどうか)確認中だ」と述べた。

イスラム国は22日に出した声明でフランスなどを名指しし、米国が主導する対イスラム国有志国連合に加わる国々の「市民を殺害せよ」と呼び掛けており、今後、イスラム国や関係する過激派が外国人を殺害する動きが広がる恐れが出てきた。

武装組織は22日、男性を拘束したとする映像を公開した。《共同通信》

【韓国・朴槿恵大統領】北朝鮮は核放棄決断を

韓国の朴槿恵大統領は24日、国連総会の一般討論で演説し、北朝鮮の核開発を「国際平和への深刻な脅威」と批判し「北朝鮮は核の放棄を決断するべきだ」と強調した。朴氏の一般討論演説は、昨年2月の就任後、初めて。

朴氏は演説で「戦時の女性に対する性暴力」の問題を取り上げ「時代や地域を問わず、明らかに人権や人道主義に反する行為だ」と述べた。しかし対日発言は抑制し、従軍慰安婦問題には直接言及せず、元慰安婦に対する救済措置の必要性にも触れなかった。

日本との関係改善を模索している最近の韓国政府の方針を反映したとみられる。《共同通信》



9月24日 その日のできごと(何の日)