平成9359日目

2014/08/23

【 JR山口線】豪雨災害から約1年、全線で運行再開

昨年7月の豪雨で一部区間の運休が続いていたJR山口線が23日、約1年ぶりに全線での運行を再開。SLやまぐち号が津和野駅(島根県津和野町)へ向け出発した新山口駅ホームには多くの鉄道ファンが詰めかけ、貴婦人の愛称を持つ蒸気機関車C57と小型のC56が連なってレトロ客車をけん引する珍しい光景に歓声を上げた。

山口県が舞台の来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の姉・杉寿を演じる優香(34)も駆けつけ、一日車掌として出発を祝った。終点の津和野駅に到着すると、ホームではくす玉が割られ、鉄道ファンらが復活を喜んだ。JR山陰線も一部が運休していたが、8月10日に全線再開している。《スポニチ》




【橋本聖子参院議員】キス報道でおわび

ソチ冬季五輪の閉会式後に選手村で開かれた打ち上げパーティーの酒席で、フィギュアスケート男子の高橋大輔選手(28=関大大学院)にキスを強要したと報じられた日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員(49)が23日、「私の行動に関する報道により、多くの皆様にご迷惑、ご心配をおかけして、大変申し訳ございませんでした」とのコメントを発表した。《スポニチ》

【J1・横浜M】サポーターが差別行為

23日に横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われたサッカーJ1の横浜M―川崎で、10代後半の横浜Mの男性サポーターが観客席から選手に向けてバナナを振りかざす人種差別的な行為をしたとして、横浜Mが当該男性を無期限入場禁止とする処分を科したことが分かった。

欧州のリーグでも黒人選手に対してサルの好物のバナナを投げ入れる差別的な行為が再三発生している。23日の試合には川崎のレナト選手ら黒人のブラジル人選手が複数出場していた。横浜Mの嘉悦朗社長(59)は「許し難い。差別が疑われるような行為は断固として許さない」として謝罪した。《共同通信》

【代々木ゼミナール】校舎の7割閉鎖へ

大手予備校の代々木ゼミナールが全国の校舎の7割に当たる20校舎前後を来春にも閉鎖する方針であることが23日、代ゼミへの取材で分かった。少子化による受験生減少などが背景とみられる。

代ゼミによると、閉鎖の対象は、仙台、大宮(埼玉県)、横浜、京都、神戸、小倉(福岡県)、熊本の各校舎など。20日、講師らに理事長の方針が伝えられた。

閉鎖する校舎では来春以降の生徒募集はしない。東京の本部校、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校と芸術大受験専門の造形学校(東京)は残す。代ゼミは1957年に創立。駿台予備学校、河合塾と並び三大予備校といわれた。《共同通信》

8月23日/のできごと