平成9351日目

2014/08/15

【稲田朋美行政改革担当相】靖国神社を参拝

稲田朋美行政改革担当相は終戦記念日の15日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。同日の閣僚参拝は古屋圭司国家公安委員長、新藤義孝総務相に続き3人目となった。

稲田氏は、自身が会長を務める自民党議員グループ「伝統と創造の会」のメンバー約10人と参拝し「伝統と創造の会会長 衆議院議員 稲田朋美」と記帳した。玉串料は会として納めた。メンバーの高鳥修一厚生労働政務官も参拝した。

参拝後、稲田氏は記者団に「今の平和で豊かな日本が、国のために命をささげた方々の積み重ねの上に成り立っているという思いで参拝した」と述べた。《共同通信》




【安倍晋三首相】「平和への誓い」強調

終戦から69年がたった15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれ、安倍晋三首相は式辞で「変えてはならない道がある。今日は、平和への誓いを新たにする日です」と述べた。7月の集団的自衛権行使容認の閣議決定を受け「戦争ができる国になる」との懸念が広がる中、平和路線を強調した。首相は戦没者の遺骨収集にも意欲を示した。

昨年の追悼式では、歴代首相が式辞に盛り込んできたアジア諸国への加害責任と反省に言及せず、例年の「不戦の誓い」との表現も使わなかったため波紋が広がった。今年もアジアへの加害については式辞で言及せず、独自色を変えなかった。《共同通信》

【木曽路】牛肉産地偽装問題で社長が謝罪会見

しゃぶしゃぶ店を運営する「木曽路」が、一部店舗で松阪牛などと偽って価格の安い国産和牛を提供していた偽装表示問題で、松原秀樹社長は15日、名古屋市内で記者会見し「現場の実態を把握できなかった。利用者に多大な迷惑をかけた」と謝罪した。同社は第三者委員会の設置を検討。実態の解明を進める。利用者に対し一定額を現金で返金するとした。《日経新聞》

8月15日/のできごと