平成9312日目

2014/07/07

【兵庫県議会】野々村議員に勧告文

兵庫県の野々村竜太郎県議(47)=無所属=が政務活動費で不自然な支出をしていた問題で、県議会の梶谷忠修議長は7日、五つある会派の代表者会を開き、出席した野々村議員に「説明責任を果たせない場合は辞職すべきだ」との勧告文を手渡した。野々村議員も「辞職を念頭に置いている」と話したという。

勧告文は政務費の使い道について、説明できないものはすべて返還するよう要求。説明責任が果たせない場合は「全地方議会や社会全体に大きな影響を与えた」として、議員辞職するよう求めた。本会議を開く時間の余裕が無いため、会派代表の了承を得て勧告文とした。《共同通信》

【兵庫県・野々村竜太郎県議】切手代に175万円

兵庫県の野々村竜太郎県議(47)=無所属=が政務活動費から不自然な出張費を支出した問題で、議員が2013年度、政務費から切手代に約175万円を支出し、出張したとする日にも購入していたことが7日、収支報告書の記載で分かった。

収支報告書によると、野々村議員は主に大阪市や神戸市の金券ショップで切手を約135回購入。城崎温泉(兵庫県豊岡市)に出張したとする昨年8月29日には、大阪と神戸で別々に購入していた。

3日連続で2万円以上の切手を購入したり、1日のうちに複数回購入したりしたこともあった。1日の釈明会見では切手代についても説明を拒否した。《共同通信》




【J1・セレッソ大阪】柿谷曜一朗選手のバーゼル移籍を発表

サッカーJリーグ1部(J1)のセレッソ大阪は7日、日本代表FWの柿谷曜一朗がスイス・スーパーリーグ(1部)のFCバーゼルに移籍すると発表した。セレッソは公式ホームページで、15日に行われるリーグ戦の川崎フロンターレ戦後に24歳の柿谷を送り出すセレモニーを開催するとしている。

柿谷は声明の中で、W杯ブラジル大会での日本の早期敗退を受け、「海外でプレーできるチャンスが来て、W杯で悔しい思いをした中でいっぱい考えて、FCバーゼルでチャレンジしようと決めました」とコメントした。《AFP》

【エドアルド・シェワルナゼ氏】死去

ソ連末期のゴルバチョフ政権で外相を務め、東西冷戦を終結に導いた「新思考外交」の推進役だったエドアルド・シェワルナゼ元グルジア大統領が7日、首都トビリシの自宅で死去した。86歳だった。報道担当者によると、数カ月前から重い病を患っていた。

ソ連外相としての約5年間、ペレストロイカ(改革)を進めた当時のゴルバチョフ大統領の右腕として、米ソの緊張緩和や1989年のベルリンの壁崩壊に象徴される冷戦終結に大きく貢献した。

アジア・太平洋地域の信頼構築にも注力し、外相として3度訪日し、中曽根康弘首相や安倍晋太郎外相らと会談した。《共同通信》

7月7日/のできごと