平成9243日目

平成26年4月29日(火)昭和の日

2014/04/29

【J1・徳島】10試合目でJ1初勝利

J1第10節は29日、各地で9試合を行った。徳島ヴォルティスは甲府市の山梨中銀スタジアムで甲府を1-0で下し、四国勢で初めてJ1で勝利を挙げるとともに、3月1日の開幕戦からの連敗を9でストップさせた。

鹿島は清水に2-1で競り勝ち、勝ち点21で首位を堅持した。広島が鳥栖を2-1で破り、2位に浮上した。神戸は新潟と1-1で引き分け、3位に後退。浦和が横浜Mを1-0で下して4位に順位を上げた。横浜Mは5試合連続無得点に終わった。柏はG大阪を下し、名古屋はFC東京に勝って連敗を5で止めた。仙台-川崎、C大阪-大宮はともに引き分けた。次節の徳島は5月3日午後2時から鳴門ポカリスエットスタジアムで仙台と戦う。《徳島新聞》



【柔道・全日本選手権】王子谷剛志選手が初優勝

体重無差別で柔道日本一を争う全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(8月・チェリャビンスク=ロシア)100キロ超級、100キロ級代表最終選考会を兼ねて行われ、21歳の王子谷剛志(東海大)が決勝でロンドン五輪代表の上川大樹(京葉ガス)に豪快な大外刈りで一本勝ちし、初優勝した。上川は初の頂点を逃した。《日経新聞》

【セウォル号沈没事故】朴槿恵大統領、初動対応の不手際を謝罪

韓国の朴槿恵大統領は29日の閣議で、南西部・珍島沖の旅客船セウォル号沈没事故をめぐる政府や当局の初動対応に不手際があったと認めた上で「多くの貴い命が失われ、国民に申し訳なく心が重い」と謝罪した。朴氏が同事故で謝ったのは初めて。韓国では政府の事故対応に対する批判が強まっていた。救助チームは同日、新たに13人の遺体を収容し、死者は計202人となった。

朴氏は「過去から積み重なった弊害を正すことができず、このような事故が起きて無念だ」と表明。政府の指揮系統に問題があったとの指摘を踏まえ、大型事故の際に政府の対応を統率する「国家安全所」(仮称)を新設する考えを明らかにした。《共同通信》

【安倍晋三首相】欧州歴訪に出発

安倍晋三首相は29日昼、欧州6カ国歴訪に向け、羽田空港を政府専用機で出発した。最初の訪問地ドイツ・ベルリンには同日夕(日本時間30日未明)に到着。首相は各国首脳らと、ウクライナ情勢について意見交換するほか、「積極的平和主義」をアピールし集団的自衛権行使容認への取り組みなどについて説明する。

首相は出発前に羽田空港で記者団に対し「欧州は世界の世論形成、秩序づくりに大きな影響力を持っている。日本の成長戦略や積極的平和主義を発信したい」と欧州歴訪の意義を述べた。ウクライナ情勢については「話し合いを通じた平和的解決に向け、どのような協力をしていくべきか、率直な意見交換をしたい」と語った。《産経新聞》



4月29日のできごと