平成9244日目

平成26年4月30日(水)

2014/04/30

【安倍晋三首相】独・メルケル首相と会談

安倍晋三首相は30日午後、ドイツのメルケル首相と首相府で会談した。

Embed from Getty Images

ウクライナ情勢を巡り、平和的な解決のためロシアとの対話を重視する方針で一致。安倍首相は中国の海洋進出など東アジア情勢が緊迫していることを説明し、理解を求めた。またメルケル氏の来年の来日が固まった。

首相の訪独は2009年5月の麻生太郎首相(当時)以来5年ぶり。《毎日新聞》



【札幌ボンベ爆発事件】51歳女を逮捕

札幌市北区の警察施設や大型店でカセットこんろ用ガスボンベの爆発が相次いだ事件で、北海道警は30日、激発物破裂容疑で、札幌市北区の無職A容疑者(51)を逮捕した。容疑を否認しているという。道警によると、逮捕容疑は5件目の道警官舎での爆発事件。事件現場周辺の防犯カメラの映像や声明文を分析し、A容疑者を特定した。道警はほかの事件との関連も慎重に調べている。《共同通信》

【東京都交通局】通勤はいつも不正乗車、50歳駅員を懲戒免職処分

都交通局は30日、通勤時に改札の強行突破やICカードの不正処理で不正乗車を95回繰り返し、計約4万円の支払いを免れていたなどとして、都営浅草線西馬込駅駅員の男性主事(50)を同日付で懲戒免職処分とした。同局によると、男性は動機を「パチンコなどで借金があり、生活が苦しかった」と話している。

同局によると、男性は神奈川県内の自宅から3路線を利用して出勤。うち勤務先で運賃が不要な都営線を除く2路線の運賃を昨年3~12月にかけて支払っていなかった。主な手口は自宅の最寄り駅や乗換駅の改札を強行突破したり、西馬込駅で機器を操作して乗車記録を取り消す不正処理を行ったりしていた。《産経新聞》

【作家・渡辺淳一さん】死去

1997年に映画化・ドラマ化もされた「失楽園」などで知られる直木賞作家の渡辺淳一(わたなべ・じゅんいち)さんが4月30日午後11時42分、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去した。80歳。北海道出身。

1958年、札幌医科大学卒業。66年、同大医学部整形外科教室講師に。医業と並行して執筆を続け、同大学・和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした「小説・心臓移植」を発表し、大学を去った。70年、寺内正毅首相をモデルとしたとされる「光と影」で直木賞を受賞。本格的に作家活動を開始した。

80年代からは「ひとひらの雪」「化身」などの恋愛小説を刊行。中年男女の不倫をテーマにした「失楽園」は大胆な性描写で話題となり、250万部を超える大ベストセラーになった。「失楽園」は流行語大賞に選ばれた。《スポニチ》



4月30日のできごと