平成9239日目

平成26年4月25日(金)

2014/04/25

【安倍晋三首相】ソチ五輪入賞者に記念品

安倍晋三首相は25日、ソチ冬季五輪・パラリンピックの入賞選手66人を首相官邸に招き、記念品を贈呈した。首相は「日本人に感動と勇気を与えていただいた」と述べ、選手の活躍をたたえた。

4月25日のできごと(何の日)【安倍晋三首相】ソチ五輪入賞者に記念品
https://www.kantei.go.jp/

フィギュアスケートの金メダリスト、羽生結弦選手は「記念品を誇りに、更なる好成績を残すよう精進したい」などとあいさつした。《毎日新聞》



【NTTドコモ】インドの携帯電話事業から撤退へ

NTTドコモ (9437.T)は25日、インドの携帯電話事業から撤退すると正式発表した。持分法適用会社のインド通信事業者「タタ・テレサービシズ(TTSL)」が2014年3月期に所定の業績を達成できなれば、保有する全株式を売却するためのオプションを6月に行使する。

加藤薫社長は会見で、インド撤退を決断した背景について「秒単位課金が瞬く間に各事業者に広がり加入者1人当たりの平均収入(ARPU)が下がりだしたことに加え、通信行政が少し混乱した」ことを挙げた。「中長期的には成長市場だと思うが、その成長性は当初予定したものではないだろうと判断した」という。《ロイター》

【米・オバマ大統領】離日

天皇、皇后両陛下は25日、来日中のオバマ米大統領が宿泊している東京都内のホテルを訪れて懇談し、別れのあいさつをした。国賓が日本を離れる際の恒例行事。両陛下は午前9時半ごろに到着し、約15分にわたり懇談した。

天皇陛下は「今回の訪問が快適で実りあるものになったことを願っています」と話すと、オバマ大統領は「人的交流をすることで今の世代も次の世代も友情の絆を続けることができると思っています」と応じたという。別れ際、両陛下と大統領は固い握手を交わした。

大統領は午前10時半ごろ、次の訪問地である韓国に向かった。《毎日新聞》

【米・オバマ大統領】韓国・朴槿恵大統領と会談

アジア歴訪中のオバマ米大統領は25日、日本に続いて韓国を訪れ、ソウルの青瓦台(大統領官邸)で朴槿恵大統領と会談。オバマ氏は会談終了後の共同記者会見で、日本政府による法的責任の認定や賠償を求める従軍慰安婦問題について「(元慰安婦の)主張は聴くに値し、尊重されるべきだ」と述べ、日本側に暗に行動を促した。両首脳は北朝鮮の挑発行為に断固対処することも確認した。

オバマ氏は歴史認識問題に関連し、朴氏にも未来志向の対応を要請した。オバマ氏が公の場で慰安婦問題について踏み込んだ発言をしたのは初めてとみられる。《共同通信》

【日米共同声明】発表

日米両政府は25日、安倍晋三首相とオバマ大統領による24日の首脳会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表した。中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島に関し日米安全保障条約に基づく米側の防衛義務を明記した。「米国は尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」と表明した。

尖閣問題で両政府が首脳レベルの文書に安保条約適用を明示するのは初めて。中国への強いけん制だ。共同声明は通常、首脳会談の開催直後に発表されるが、環太平洋連携協定(TPP)協議の難航に伴い1日遅れで公表された。《共同通信》



4月25日のできごと