平成9225日目

平成26年4月11日(金)

2014/04/11

【みんなの党】新代表に浅尾慶一郎氏

4月11日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

みんなの党は11日午後、8億円借り入れ問題で引責辞任した渡辺喜美前代表の後任を決める代表選で、浅尾慶一郎幹事長(50)を新代表に選出した。ほかに立候補がなく、両院議員総会による承認を経ての無投票当選となった。任期は渡辺氏の残任期間の来年9月まで。 浅尾氏は借り入れ問題で動揺する党内の結束を図るが、国民の信頼を回復するのは容易でない。《共同通信》

【千葉県】制限速度92キロオーバー、職員を停職3ヶ月の処分

千葉県は11日、首都高速湾岸線を92キロの速度超過で走行したとして、道交法違反で検挙された県土整備部の男性職員(28)を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。職員は「仕事やプライベートでストレスがあり、自暴自棄になった」と説明しているという。県総務課によると、職員は昨年12月7日夜、国産高級車で同線市川ジャンクション付近を172キロで走行し、速度違反自動監視装置(オービス)で検挙された。《毎日新聞》

【改正少年法】成立

罪を犯した少年に言い渡す有期刑(懲役・禁錮)の上限を15年から20年に引き上げる厳罰化が柱となる改正少年法は、11日午前の参院本会議で自民、民主両党などの賛成多数により可決、成立した。5月中に施行される見通しだ。少年法の量刑が軽すぎるとする犯罪被害者団体などの声を背景に、成人の法定刑との差が縮まる。

現行法は、成人なら無期刑となる犯罪の場合でも、犯行時18歳未満の少年であれば10~15年の有期刑に緩和できると規定。改正法は、この上限を20年に引き上げた。《共同通信》

【大阪地裁】戦没者遺族らが安倍首相を提訴

安倍晋三首相の靖国神社参拝で憲法が保障する平和的生存権を侵害されたなどとして全国の戦没者遺族や宗教者、市民ら546人が11日、安倍首相と靖国神社を相手取り、将来にわたる参拝の差し止めや原告1人当たり1万円の損害賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。

昨年12月の安倍首相の参拝を巡る提訴は初めて。別の原告団が今月21日、東京地裁に提訴する予定。《毎日新聞》

【佐野実さん】死去

「ラーメンの鬼」の異名を取ったラーメン店「支那そばや」創業者の佐野実(さの・みのる)さんが11日午前2時57分、多臓器不全のため、川崎市内の病院で亡くなった。横浜市出身。63歳だった。

関係者によると、3年ほど前から糖尿病を患っていた。今年2月中旬に体調を崩し、療養していた。今月4日の誕生日には、入院先の病室で弟子たちが作ったしょうゆラーメンをすすり「まだまだだな」と話した。ラーメンを食べたのは、これが最後という。10日に容体が急変。意識不明となり、そのまま家族にみとられ、帰らぬ人となった。《スポニチ》

4月11日のできごと