2013 平成25年12月2日(月)

平成9095日目

2013/12/02

【新語流行語大賞】「倍返し」「今でしょ」「じぇじぇじぇ」「おもてなし」

今年話題になった言葉に贈られる「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に2日、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大流行した「じぇじぇじぇ」など4語が決まった。一度に4語も選ばれたのは過去最多。事務局は「甲乙付けがたかった」としている。

他の年間大賞は、予備校のCMから広がった「今でしょ!」と、TBSドラマ「半沢直樹」の決めぜりふ「倍返し」、2020年の東京五輪を呼び込んだ滝川クリステルさんのスピーチの言葉「お・も・て・な・し」。《共同通信》




【北陸新幹線】走行試験開始

2015年春に長野―金沢が延伸開業する北陸新幹線で2日、初めての走行試験が行われた。整備計画が決まってから40年。開発された新型車両ではなく検査車両での走行だったが、各駅で式典が催されたり、住民が出迎えたりし、開業に向けムードが盛り上がった。

建設主体「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」が未明から午後にかけ、長野と新駅「黒部宇奈月温泉」(富山県)を結ぶ約135キロ区間で実施。テープカットされにぎやかな雰囲気の中、JR東日本の新幹線検測車「イーストアイ」が午前1時半ごろ、長野駅を出発した。《共同通信》

【コンゴ日本大使館火災】30歳外務省職員を逮捕

アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)で日本大使館が半焼した火災で、焼け跡から見つかった金庫が空になり、現地職員の給料など日本円で約2200万円相当の公金がなくなっていたことが2日、警視庁などへの取材で分かった。

警視庁捜査1課は2日、現住建造物等放火の疑いで、当時大使館で会計担当の3等書記官だった外務省職員A容疑者(30)=横浜市港北区=を逮捕。同容疑で捜査本部を設置し、A容疑者が公金着服を隠す目的で放火したとみて調べている。捜査本部によると、A容疑者は容疑を否認している。《共同通信》

【セブン&アイ】カタログ販売大手「ニッセン」買収を発表

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は2日、通販大手のニッセンホールディングスを買収すると発表した。TOB(株式公開買い付け)により、議決権ベースで50.10%の株式を126億円で取得する。セブン&アイは消費者が買い物しやすいよう店舗と通販サイト、カタログ誌など多彩な販路を組み合わせる戦略で、ニッセンの顧客基盤やネット通販のノウハウを生かす。《日経新聞》

【安倍晋三首相】アイルランド首相と会談

政府は2日、牛海綿状脳症(BSE)の発生によるアイルランド産牛肉と内臓肉の輸入禁止措置を解除した。安倍晋三首相とアイルランドのケニー首相は同日、首相官邸で会談。ケニー首相は会談後の記者会見で「アイルランド農業に非常に朗報だ」と、日本の輸入再開を歓迎した。《毎日新聞》

12月2日/のできごと