平成8920日目

平成25年6月10日(月)

2013/06/10

【JR東日本】「携帯電話&ゲーム、歩きながらはダメ」

JR東日本は10日、スマートフォン(多機能携帯電話)などを使いながら駅を歩かないように、構内放送したり、掲示板にポスターを張ったりしたりして、乗客に注意を呼び掛け始めた。国土交通省のまとめでは、携帯を使っていた乗客がホームから転落したケースは2010年度に全国で11件、11年度に18件起きている。

JR東日本は、こうした事故が増える傾向にあるとして「携帯電話&ゲーム、歩きながらはダメ」と書いたポスターを約千枚用意し、この日から首都圏を中心に駅に掲示。駅員も「歩きながらの使用は控えてください」などとアナウンスした。《共同通信》



【自民党】「5年で道州制」撤回

自民党道州制推進本部が今国会提出を目指す道州制推進基本法案の修正案が10日、明らかになった。原案は、5年程度の準備期間を経て道州制に移行するとしていたが、全国町村会など地方側が強く反対していることに配慮し、期限を撤回した。参院選を控え、地方との対立を避ける狙いもあるとみられる。週内にも推進本部の総会で公表する。

原案は、有識者らでつくる国民会議(首相の諮問機関)が、道州の区域割りなどの制度内容を3年以内に答申後、政府は「2年をめどに法整備をしなければならない」と規定し、5年程度で道州制に移行する内容だった。修正案は、2年の期限を削除した。《共同通信》

【日本維新の会】兵庫県知事選擁立を断念

日本維新の会が7月21日投開票の兵庫県知事選について、候補者擁立を断念する方針を固めたことが7月10日、分かった。維新は4月、知事選などの前哨戦と位置づけていた伊丹、宝塚両市長選で惨敗。共同代表の橋下徹大阪市長の慰安婦制度に関する発言の影響もあり、候補者探しが難航していた。知事選は参院選と重なる見込みで、「参院選に集中すべきだ」(党幹部)と判断したもようだ。

維新は参院選兵庫選挙区(改選数2)で元アナウンサーの清水貴之氏(38)を擁立予定。一方の知事選について維新幹部は、同県総支部の意向を尊重する方針を示していたが、総支部幹部は産経新聞の取材に「参院選に当選させることで精いっぱい。知事選まで手が回らないのが実情」とし、知事選に消極的な姿勢を見せていた。《産経新聞》



6月10日のできごと