平成8692日目

2012/10/25

【東京都・石原慎太郎知事】「今日をもって辞職する」

東京都の石原慎太郎知事(80)は25日、都庁で緊急記者会見を開き、都知事を辞職すると表明した。近く新党を結成し、新党代表として次期衆院選で比例区から立候補する意向も示した。会見後、都議会議長に辞表を提出した。

石原知事は「今日をもって都知事を辞職する。国会に復帰しようと思っている。新党を立ち上げて仲間とやっていく」と述べた。「最後のご奉公。硬直した中央官僚の支配制度を変えないとダメ。役人と戦っていかないと、この国は沈んで窒息して死ぬ」と語り、憲法改正への意欲のほか、尖閣諸島に船の避難場所が必要との見解を示した。

新党は、石原知事が「応援団長」を務めるたちあがれ日本を母体とし、保守勢力の再結集を目指す。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は25日、「解党して、新しい政党を作る」と述べ、来月上旬をめどに所属国会議員5人全員が新党に参加する考えを示した。《朝日新聞》

辞職を表明した石原慎太郎東京都知事は25日夜、「たちあがれ日本」の党本部で開かれた会合に出席し、平沼赳夫代表らに新党を結成する方針を正式に伝えた。会合終了後、平沼氏は記者団に、たちあがれ日本を解党した上で石原氏を代表とする新党を11月上旬にも結成する考えを表明。所属する5議員全員が参加することを明らかにした。

新党参加者に関しては「たちあがれ日本以外から、何人かの現職議員の参加が決まる可能性がある」と述べた。

現職議員5人が参加すれば、石原新党は政党としての要件を満たす見通し。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【プロ野球ドラフト会議】日本ハム、大谷翔平投手を指名

プロ野球のドラフト会議が25日、都内のホテルで開催され、大リーグ挑戦を表明している花巻東高(岩手)の大谷翔平投手(18)を日本ハムが1位に強行指名した。昨年、1位指名された日本ハムへの入団を拒否し、浪人生活を送った東海大・菅野智之投手(23)は、相思相愛の巨人が単独で1位指名した。

DeNA、西武、ソフトバンクの3球団が競合した亜大・東浜巨投手はソフトバンクが、阪神、ヤクルト、オリックス、ロッテの4球団が競合した大阪桐蔭高・藤浪晋太郎投手は阪神が、広島、楽天の2球団が競合した東福岡高・森雄大投手(18)は楽天が、抽選の結果、それぞれ交渉権を獲得した。

中日は慶大・福谷浩司投手(21)を単独で1位で指名。DeNAは駒大の白崎浩之内野手を、ヤクルトはヤマハの石山泰稚投手を2度目に指名。オリックス、ロッテは大阪ガスの松永昂大投手を指名し、ロッテが交渉権を獲得。広島と西武がNTT西日本の増田達至投手を指名し、西武が引き当てた。2度抽選を外したオリックスは大体大の松葉貴大投手、広島は京都・龍谷大平安の高橋大樹外野手を1位で指名した。《スポニチ》

【自民党・安倍晋三総裁】「審議拒否考えない」

自民党の安倍晋三総裁は25日、鹿児島県薩摩川内市で街頭演説し、29日召集の臨時国会では審議拒否戦術を採らない方針を明言した。「国民の生活を人質にしようとは思わない。審議拒否など全く考えていない」と述べた。

同時に「私たちは無理難題を言っているのではない。まずは約束を果たしてくださいと言っているだけだ」と指摘し、野田佳彦首相が自公党首との会談で約束した「近いうち」の衆院解散を重ねて求めた。《共同通信》

【国民の生活が第一】結党記念パーティー

新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は25日、都内のホテルで開いた結党記念パーティーであいさつし、次期衆院選に向けて消費税増税の凍結と脱原発を訴えていく考えを示した。「国民に約束していない消費税増税は凍結しなければならない。原発ゼロも実現する」と述べた。

同時に「あと10カ月以内に衆院選がある。国民の命と暮らしを守り、震災復興ができるのか、大きな節目の選挙だ」と強調した。同党によると、パーティーには約4千人が出席。小沢氏は民主、自民両党に対抗する「第三極」勢力の結集を目指しており、新党大地・真民主の鈴木宗男代表らを来賓として招いた。《共同通信》



10月25日 その日のできごと(何の日)