平成8621日目

2012/08/15

【滋賀県大津市】19歳大学生が市教育長を襲撃

15日午前7時50分ごろ、大津市役所の教育長室で、市教育委員会の沢村憲次教育長(65)が、男にハンマーで頭部を殴られ、右目の上を切るなどの軽傷を負った。騒ぎを聞き付けた市教委の男性職員が男を取り押さえ、通報を受けた大津署員が殺人未遂の疑いで、自称さいたま市在住で、私立大1年の男子学生(19)を現行犯逮捕した。

大津署によると、男子学生は、大津市の市立中2年の男子生徒が自殺した問題をめぐり「いじめ問題で教育長が真実を隠していると思い、許せなかった。殺そうと思った」と供述している。

男子学生は、出勤してきた沢村教育長の背後について教育長室に入り、殴りかかった。ハンマーは全長約30センチで、ほかに約50センチの針金も持っていた。「2週間前に自宅を出て、野宿やホテルに泊まりながら大津に着いた」と話している。

中2男子の自殺をめぐっては、市教委が十分な調査をせず、自殺といじめの因果関係を不明と結論付けるなど問題が次々と発覚。沢村教育長は問題の責任者として対応に当たっている。

市役所の男性職員(47)によると、庁舎内では約20人の捜査員があわただしく指紋採取するなど一時騒然とした雰囲気になったといい、「いじめの問題がネット上でも騒ぎになっているが、実際にこうしたことが起きてしまって怖い」と心配そうな表情で話した。《共同通信》



【魚釣島】香港の活動家らが上陸

15日午後5時35分ごろ、尖閣諸島の魚釣島に、香港の活動家ら7人が上陸し、沖縄県警は同日、このうち5人を出入国管理法違反(不法上陸)の疑いで現行犯逮捕した。残る2人は抗議船に戻ったが、海上保安庁の巡視船が領海内で抗議船を捕捉し、乗っていた9人全員を同法違反(不法入国)の疑いで現行犯逮捕した。14人は那覇市に移送して調べる。外国人の尖閣上陸は2004年3月以来。《朝日新聞》

【政府】韓国大統領の謝罪要求に抗議

日本政府は15日、韓国の李明博大統領が天皇陛下の訪韓に絡み、独立運動で死亡した人への謝罪を求めた発言について強く反発した。日本政府として韓国側に天皇訪韓を打診した事実はないとして、野田佳彦首相は官邸で記者団に「理解に苦しむ発言で遺憾だ」と批判した。外交ルートを通じて韓国政府に正式抗議した。今後は韓国側の出方を見極めながら、場合によっては対抗措置も検討する方針だ。

14日にあった李大統領の発言に対し、政府として対応が後手に回ったとの指摘も出ており、野田政権は対応に苦慮している。《共同通信》



8月15日のできごと