平成8618日目

2012/08/12

【ロンドン五輪・レスリング】米満達弘選手、金メダル獲得

Embed from Getty Images

ロンドン五輪最終日の12日、レスリング男子フリースタイル66キロ級で米満達弘が金メダルを獲得した。男子の優勝はソウル大会以来24年ぶり。日本のメダルは金7、銀14、銅17の38個となり、アテネ大会(37個)を抜いて1大会の最多になった。

男子マラソンはスティーブン・キプロティク(ウガンダ)が2時間8分1秒で初優勝。中本健太郎が6位で日本勢で2大会ぶりに入賞し、山本亮は40位、藤原新45位。新体操の団体決勝で日本は7位だった。《共同通信》




【ロンドン五輪】閉会式

ロンドン五輪は12日、閉会式が行われ、17日間の祭典が幕を閉じた。4年後は南米初、ブラジルのリオデジャネイロで開催される。今大会は、サウジアラビアなどイスラム教国3カ国が初めて女子を派遣し、ボクシング女子の導入で全競技に男女が参加した。

日本のメダルは金7、銀14、銅17の38個で、史上最多だった。

閉会式は「英国音楽のシンフォニー」をテーマに選手やボランティアを祝福。五輪旗がロンドンのジョンソン市長からリオデジャネイロのパエス市長に引き継がれ、国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長が閉会を宣言。聖火が消えた。《共同通信》

【日航ジャンボ機墜落事故】発生から27年

乗客乗員520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から27年となった12日、遺族らが墜落現場「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)に慰霊登山をした。夜には、麓の「慰霊の園」で追悼慰霊式があり、犠牲者の冥福を祈った。

遺族らは尾根にある「昇魂之碑」の前の「安全の鐘」を突いて犠牲者を追悼。日航の会長らも訪れ、手を合わせた。日航によると、74家族296人が慰霊登山した。《共同通信》

8月12日/のできごと