平成8211日目

2011/07/02

【土日操業】政府の電力使用制限令を受けスタート

休日を平日に振り替えての「土日操業」が2日、自動車業界を中心にスタートした。東京電力と東北電力管内で、政府が電気事業法に基づき37年ぶりに発動した電力使用制限令への対応。

日産自動車の追浜工場(神奈川県横須賀市)には、早朝から従業員が続々と出社した。大手の工場が立地する各地の企業城下町などでは、交通機関が朝の運行体制を見直すなど周辺産業にも影響が広がっている。《日経新聞》




【テニス・ウィンブルドン選手権】ペトラ・クビトバ選手が初優勝

テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は2日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス決勝で第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)が2004年大会覇者で第5シードのマリア・シャラポワ(ロシア)を6―3、6―4で破り、初優勝を果たした。優勝賞金は110万ポンド(約1億4300万円)。

21歳のクビトバはチェコ勢では1998年のヤナ・ノボトナ以来のウィンブルドンと四大大会制覇。24歳のシャラポワは08年全豪オープン以来の四大大会優勝を逃した。《共同通信》

【市川海老蔵さん】謹慎から復帰

昨年11月に飲食店でのトラブルで重傷を負い、謹慎していた歌舞伎俳優市川海老蔵さん(33)が2日、東京・新橋演舞場の「七月大歌舞伎」昼の部の「勧進帳」に出演。昨年9月の京都・南座以来、約9カ月ぶりに舞台復帰を果たした。

「勧進帳」の冒頭、富樫役の海老蔵さんが長ばかま姿で登場すると、満員の客席から一斉に拍手が湧き起こり、「待ってました」「成田屋」と声が飛び交った。弁慶を演じるのは、父市川団十郎さん。関の通行をめぐる2人の攻防はスリリングで、海老蔵さんは朗々と響く声、気品ある振る舞いで魅了した。《共同通信》

7月2日/のできごと