平成8111日目

2011/03/24

【秋葉原無差別殺傷事件】被告に死刑判決

Embed from Getty Images

2008年に7人が死亡、10人が重軽傷を負った東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(28)の判決で、東京地裁の村山浩昭裁判長は24日、完全責任能力を認めた上で「人間性を感じられない残虐な犯行だ。日本全体が震撼したといっても過言ではない」として、求刑通り死刑を言い渡した。

弁護側は、記憶の一部欠落を理由に「精神障害による心神耗弱か喪失だった疑いがある」と主張していたが、判決理由で村山裁判長は「精神障害を疑わせる事情はなく、刑事責任を問うのに十分な責任能力を備えていた」と退けた。動機については、被告が苦悩を書き込み、唯一の居場所と感じていた携帯電話サイトの掲示板に、08年5月下旬から「成り済まし」や「荒らし」が現れ、いらだちを募らせたと指摘。職場で作業服が見つからなかったことも重なって怒りを爆発させ「大きな事件を起こし、嫌がらせをやめてほしいと伝えたかった」と認定した。背景には「家族や友人、仕事を失い、居場所がないという強い孤独感があった」と述べた。

判決によると、被告は08年6月8日、歩行者天国にトラックで突っ込み、3人を殺害、2人にけがをさせた。ダガーナイフで通行人を次々に刺し、4人が死亡、8人が重軽傷を負った。警察官1人も襲ったが、けがはなかった。《共同通信》

広告




【12都道県知事選挙】告示

第17回統一地方選の幕開けとなる東京など12都道県知事選が24日、告示された。投票日は4月10日。午後5時の締め切りまでに39人(うち女性5人)が立候補を届け出た。

民主、自民の二大政党による実質的な対決は東京都、北海道、三重県の3知事選にとどまった。東日本大震災の影響で、現時点で岩手県知事選をはじめ4月に予定していた岩手、宮城、福島3県の計27選挙が2カ月から6カ月の範囲内で延期された。《日経新聞》

【東北・山形・磐越道】東日本大震災による一般車両の通行止め解除

東日本大震災の影響で、一関(岩手)ー宇都宮間の通行が制限されていた東北自動車道は24日午前6時、一般車両の通行止めを解除した。東北道は全線通行可能となり、被災地の復興支援活動が本格化する。《福井新聞》

3月24日/のできごと