平成8092日目

2011/03/05

【東北新幹線はやぶさ】運転開始

東北新幹線の新型車両E5系「はやぶさ」が5日、営業運転を開始した。新青森発東京行きの一番列車は、ねぶた囃子に送られ午前6時10分に新青森駅を出発し、午前9時20分すぎ、東京駅に到着した。JR東日本の新型車両導入は1997年12月以来。新青森―東京は最短3時間10分となり、E2系「はやて」より10分短縮された。

東京発新青森行きの一番列車は、線路に60代ぐらいの男性が転落し、7分遅れで発車。男性にけがはなかった。さらに乗客が非常ボタンを押したため、二戸―八戸間で緊急停車。新青森駅には約3分遅れで到着した。東北新幹線は全線開業初日の昨年12月4日に強風の影響で上下の全線で一時運転を見合わせるなどダイヤが大幅に乱れた。

先頭車両は国内の新幹線では最も長い15メートルのロングノーズ形。高速でトンネルに進入した際の騒音や振動を小さくするのが目的で、盛岡―宇都宮では山陽新幹線のN700系と並ぶ国内最速の時速300キロで走行する。2013年春には最高320キロとし、3時間5分を目指す。《共同通信》

広告




【日本漢字能力検定協会】理事長の辞任を発表

日本漢字能力検定協会(京都市)は5日、臨時理事会を開き、池坊保子理事長(68)の任期途中の辞任と、高坂節三専務理事(74)の理事長就任を発表した。いずれも同日付で、池坊氏は事実上の解任とみられる。

池坊氏は元理事長らによる背任事件の後、昨年4月に鬼追明夫氏から理事長職を引き継いだ。4日に都内で記者団に対し「辞めさせられるべき理由はない」と述べ、訴訟を検討する意向を表明していた。《共同通信》

【前原誠司外相】続投の意向示す

政治資金規正法が禁じている外国人からの献金を受けていた前原誠司外相は5日夜、訪問先の北九州市で記者会見し「説明責任をしっかり果たすことが大事だ」と述べ、続投の意向を表明した。

ただ、政府、民主党内で辞任は不可避との見方が拡大している。前原氏が続投すれば、野党側は厳しく追及する方針で、攻防の激化は必至だ。《福井新聞》

【菅直人首相】厚生年金拡大を検討

菅直人首相は5日、社会保障と税の一体改革を議論する「集中検討会議」で、派遣やパートなど非正規労働者の厚生年金への加入拡大について「非正規の人に制度に入ってもらうことはほとんど合意できている。事業主にも理解できるよう、全力を挙げたい」と述べ、加入要件の緩和を検討する考えを示した。《福井新聞》

3月5日/のできごと