2010 平成22年9月24日(金)のできごと(何の日)

平成7930日目

2010/09/24

【尖閣漁船衝突事件】中国人船長の釈放を決定

沖縄県の尖閣諸島沖で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕された中国人船長、セン其雄容疑者(41)を処分保留で釈放すると発表した。

政府は「検察の判断」と強調するが、検察当局が「今後の日中関係を考慮した」とするように、外交上の配慮による政治決断といえる。船長は釈放され中国政府のチャーター機で25日未明に出国する。中国側は前向きな評価は避けている。

24日午後記者会見した那覇地検の鈴木亨次席検事は処分保留の理由について、巡視船の損傷が航行に支障が出るほどではなく、負傷者がいなかったことを挙げた。その上で「日本国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄を拘束して捜査を続けるのは相当でない」と、中国の強硬な反発が判断に影響したことを示唆した。《日経新聞》




【石原慎太郎都知事】尖閣漁船衝突事件「ビデオを公開すべき」

中国漁船衝突事件で那覇地検が船長を処分保留で釈放することを決めたことについて、東京都の石原慎太郎知事は24日の会見で「国民は怒っている。政府がこのざまだ。衝突した時のビデオを国民に見せるべきだ」と述べた。

知事は「観光や経済交流の利益は大事かもしれないが、国家にとっての価値はもっとほかにもある。政府はしっかりしてもらいたい」と今回の対応を批判。

「政府は論拠を示すためにもビデオを公開すべきだ。それがありながらなぜ裁判をしなかったということになりかねない。本当に腹が立つ。日本はこのまま沈むよ」と不満をぶちまけた。《スポニチ》

9月24日/のできごと

シェアする

フォローする