平成7931日目

2010/09/25

【この日の民主党】

岡田幹事長、世界宗教者平和会議で挨拶

岡田克也幹事長は25日夕、奈良県東大寺で、世界宗教者平和会議「ARMS DOWN共にすべてのいのちを守るためのキャンペーン終了式典」で挨拶し、各国が核兵器や軍事費にこぞって予算を使っている流れを変えなくてはならないと訴えた。

岡田幹事長は挨拶の中で、核廃絶、軍事費削減に向けてた署名が日本で1000万人を超えたことに、尽力された方々に敬意を表するとともにお礼の言葉を送った。

「今、使われている軍事費の100分の1でも母子の健康に予算を投じることができれば、大人になることなく死んでいく子どもの命を救うことができる。それもわずかな金額でできる」と指摘し、軍事費削減の必要を強く訴えた。

また、外務大臣時代にタンザニアを訪問したときの話として、「日本企業が作ったマラリア蚊を防ぐ蚊帳をつくる工事を見た。これも高いものではない。国によってはマラリアで死ぬ子どもの数が半数に上る国もある」と、わずかな金額で高い効果を挙げる日本による国際貢献の例を示した。

岡田幹事長は、母子を救うためには予算が必要だとし、「核兵器や様々な軍事費に、世界の国がこぞって予算を使っている。その流れを変えなくてはいけない」と力強く訴えた。

また、地雷とクラスター爆弾禁止条約が結ばれたことをあげて、「まだ参加していない大国もあるが、世界は着実にこれらの兵器を無くす方向に進み始めた。核兵器の無い世界も必ず実現することができる」と、未来への希望を語った。

そして岡田幹事長は、集った1000万人を超える署名は、日本人の10人に1人が署名したことになると話した上で、「今日を(キャンペーン)最後の日ではなくスタートとして、世界にこの動きを広げて、みんなで力を併せて平和で豊かな世界を創っていこう。共に核の無い世界を目指そう」と話し、挨拶を終えた。《民主党ニュース》



【NHK連続テレビ小説・ゲゲゲの女房】最終回

【ロッテ・西岡剛内野手】今季27度目の猛打賞

ロッテの西岡剛内野手(26)が25日、オリックス21回戦(京セラドーム)でプロ野球5人目のシーズン200安打を達成した。スイッチヒッターでは初。パ・リーグでは2人目。3回に右前安打、4回に中前適時打を放ち、大台に乗せた。さらに6回の左前適時打で今季27度目の猛打賞(3安打以上)をマークし、1996年のイチロー(オリックス、現マリナーズ)と並んでいたプロ野球のシーズン最多記録を更新した。

200安打は1994年のイチロー、2005年の青木(ヤクルト)、07年のラミレス(ヤクルト、現巨人)に続いて今季、マートン(阪神)が23日に達成。西岡は140試合目での到達となった。《朝日新聞》

【大相撲秋場所14日目】横綱白鵬、16度目の優勝

大相撲秋場所14日目(25日・両国国技館)横綱白鵬が自身初の4連覇で16度目の優勝を決めた。2敗だった平幕の嘉風と豪風が敗れた時点で賜杯獲得が決定。白鵬は大関琴欧洲を寄り切って14連勝とし、初場所から続く昭和以降2位の連勝を61に伸ばした。4連覇は2006年から2007年にかけての朝青龍以来。千秋楽を待たずに優勝を決めるのは3場所連続となった。

琴欧洲は4連敗で5敗目。大関魁皇は小結稀勢の里を寄り切って勝ち越し、13度目のかど番を脱出した。稀勢の里は負け越し。把瑠都は日馬富士との大関対決を制し、9勝目を挙げた。《共同通信》



9月25日のできごと