平成7860日目

2010/07/16

【この日の菅総理】

口蹄疫対策本部

平成22年7月16日、菅総理は総理大臣官邸で、第10回となる口蹄疫対策本部を開催しました。

菅総理は、冒頭のあいさつで「全国からの支援をいただいて国家的取組によって包括的な防疫対策の実施を進めてきたところであります。
これまで、6月24日に患畜・擬似患畜のほか、6月30日にワクチン接種家畜の殺処分が終了してきたと承知しておりますが、昨日、農場の清掃も終了したと聞いております。
殺処分、埋却をはじめとする作業に従事するため、全国から支援に駆けつけられた獣医師、自衛隊、警察のみなさんには天候も不順の中で大変ご苦労いただいた事、心から感謝を申し上げたいと思います。
しかし、農場の清掃が終わったところであっても、地域内の農場にはウィルスを含む膨大な醗酵処理中の排せつ物が残されていることから、まだ安心できる状況にはなく、気を緩めることなく消毒の徹底など万全の対応が必要であります。この観点から、作業の終了に伴い、自衛隊を含め、順次、現地の体制を見直しますが、発生時の24時間以内の殺処分実施などに必要な連絡体制は維持をして参ります。引き続き、この危機管理上の重要課題に対し、内閣として総力をあげて取り組んでゆく所存です。」と述べました。

仏・フィヨン首相と会談

平成22年7月16日、菅総理は総理大臣官邸で、フランス共和国のフランソワ・フィヨン首相と会談を行い、共同記者発表を行いました。《首相官邸》

記者ぶら下がり

菅直人総理(代表)は16日夜、総理官邸で記者団に対して、活発な梅雨前線による大雨で岐阜県をはじめ、中国・九州地方などで土砂崩れや浸水による被害が相次いで発生していることについて、「今回の梅雨前線による大雨で亡くなられた方に対して哀悼の意を捧げたい。また怪我をされた方、被災された方に心からお見舞いを申し上げたいと思う」と語った。

そのうえで、政府として、情報収集、救援活動への支援に努めるとともに、被災された方々へのお見舞いと関係者に対する激励のため、菅総理(代表)自身も明後日の18日に岐阜県に赴く考えがあることを明らかにした。

さらに菅総理(代表)は、すでに原口一博総務大臣、中井洽防災担当大臣などが福岡県、広島県を訪問、あるいは訪問する予定になっていることを説明。これらの状況把握を受けて、関係省庁に対してしっかり対応するべきとの指示を行ったことと、政府情報連絡室を設置して引き続き情報の収集提供、被害者の救助等に万全を期す考えを示した。《民主党ニュース》



【余部鉄橋】架け替え工事のため1世紀近い歴史に幕

高さ約41メートル、東洋一の規模とうたわれたJR山陰線の余部鉄橋(兵庫県香美町)が16日夜、最終列車の通過で98年間の歴史に幕を閉じる。

1986年12月には、突風にあおられた回送列車が橋から転落、カニ加工工場を直撃し、従業員ら計6人が死亡する惨事が起きた。強風でも安全に列車が通れるよう、防風壁を備えたコンクリート製の橋を隣に建設中で、17日から架け替えのため鉄橋を撤去する工事が始まる。

鉄橋は鋼鉄製のやぐら形の橋脚11組で橋げたを支える構造で、1912年に完成。長さ約310メートル、地上からの高さは約41メートルで、谷を渡る壮大な景観が観光スポットとしても人気を集めた。

新しい橋は8月12日に開通。古い橋は橋脚3本分の区間を保存し、2012年度に「空の駅」として日本海が一望できる展望台に生まれ変わる予定。《共同通信》

【首都高速・山手トンネル】重さ1.6tの看板が路上に落下

16日午前2時45分ごろ、東京都渋谷区元代々木町の首都高速・中央環状線(外回り)初台南出口付近の山手トンネルで、重さ1.6tの看板が路上に落下する事故が発生した。人や車両への被害はなかった。

原因は不明で、首都高速道路会社が調査中だ。落下事故が起きた地点がある大橋JCT(ジャンクション)~西新宿JCTの約4.3kmの区間は、3月28日に開通したばかり。《日経新聞》

【菅内閣】資産公開

菅直人首相と閣僚の計18人が6月の内閣発足時の保有資産を16日、公開した。配偶者ら家族分を含めた総資産の平均は3286万円。額面株式廃止で現行の公開制度になった2001年以降最低。首相も歴代で最も少ない2240万円だった。久々に登場した「非世襲首相」で、資産の面では、これまでより庶民的な印象だ。《共同通信》



7月16日のできごと