2010 平成22年6月17日(木)のできごと(何の日)

平成7831日目

平成22年6月17日(木)

2010/06/17

【探査機はやぶさ】カプセルがオーストラリアから「帰国」


https://www.youtube.com/

13日夜にオーストラリア大陸南部の砂漠に落下した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが17日、日本に帰国した。カプセルには小惑星「イトカワ」の砂ぼこりが入っていると期待される。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は半年程度かけてサンプルを分析する計画だ。

オーストラリアのウーメラ空港で専用のコンテナに梱包されたカプセルはチャーター機で17日午後に現地を出発。同日午後11時過ぎに日本へ到着した。

カプセルはその後、はやぶさを地上から管制していたJAXAの相模原キャンパス(相模原市)に移動。カプセル内部に入っていると期待される砂ぼこりやガス成分が漏れないよう慎重に作業を進める。カプセルが開くまで約2週間かかる見込み。地球上の砂ぼこりもあらかじめカプセルに入れており、イトカワの砂ぼこりかどうかの確認には数カ月から半年程度かかる見込みだ。

はやぶさは2003年に打ち上げられた。7年間にわたる約60億キロメートルの旅路を経て、13日に大気圏に突入。本体は燃え尽きたが、耐熱加工したカプセルは無事回収できた。《日経新聞》

【菅直人首相】アフガニスタン大統領と会談

6月17日のできごと(何の日)【菅直人首相】アフガニスタン大統領と会談
https://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は17日、アフガニスタンのカルザイ大統領と首相官邸で会談し、治安維持やインフラ整備、保健などの従来の対アフガン支援策を、新政権でも継続すると表明した。

カルザイ氏は、昨年から約5年間で最大約50億ドル(約4560億円)を拠出する日本の対アフガン支援策について「アフガンの復興と開発への長期的な関与の証左だ」と謝意を表明した。

カルザイ氏はまた、今月1日、日本政府がNGOを通じて行う人道支援事業実施のため、最大15億円の支援を表明したことも歓迎。首相は「アフガン側の優先度に沿った支援をしていく」と述べ、カルザイ氏に対し、日本国民の税金が効果的に利用されるよう求めた。

カルザイ氏は19日に広島市を訪れ、平和記念公園などを視察するほか、20日には奈良市の正倉院で、1千年以上前にアフガンから日本に渡った宝物などを見学する。《朝日新聞》



6月17日のできごと

シェアする

フォローする