平成7546日目

2009/09/05

【民主党・鳩山由紀夫代表】副総理に菅直人氏起用へ

9月5日のできごと(何の日)

民主党の鳩山由紀夫代表は5日、新政権人事をめぐり、菅直人代表代行(62)を副総理、党政調会長兼務の国家戦略担当相、岡田克也幹事長(56)を外相に起用する方針を表明した。輿石東参院議員会長の留任も明言。財務相には藤井裕久最高顧問を充てる案を軸に検討を続ける考えだ。

鳩山氏は7日午後の党幹部会で、既に表明した小沢一郎代表代行の幹事長起用を含む主要人事案を提示する意向。財務相の内定は7日以降になる見通しだ。《共同通信》



【民主党・仙谷由人元政調会長】小沢氏に党と政府連携を注文

民主党の仙谷由人元政調会長は5日、民放のテレビ番組に出演し、小沢一郎代表代行の幹事長起用について「(細川内閣では)ある日突然、国民福祉税構想が浮上した。そういうことがないようにしなければならない」と述べた。国民福祉税構想は、非自民連立の細川政権で、当時の大蔵省が新生党の代表幹事だった小沢氏に働きかけて持ち上がり、後に白紙撤回となった経緯がある。

【民主党・鳩山由紀夫代表】国会や党運営は小沢氏に一任

民主党の鳩山由紀夫代表は5日午後、党本部で小沢一郎氏と会談した。鳩山氏は一連の主要閣僚人事について小沢氏に説明、同意を得た。党運営や党人事、国会対策などは次期幹事長に内定した小沢氏に事実上、一任することで一致した。幹事長など党執行部人事に関しては、15日に開く両院議員総会を経て正式に決める方針。

鳩山氏との会談後、小沢氏は「国会や党のことについては、人事も含めて幹事長に任せるからしっかりやってくれ、という結論だ」と記者団に語った。党の主要人事は国対委員長や幹事長代理などが対象。国会関連では、衆院議長や議運委員長、常任委員会、特別委員会の委員長などがある。《日経新聞》

【群馬県警】のぞきで大学教授を逮捕

群馬県警沼田署は4日夜、女湯をのぞくため旅館の敷地に侵入したとして、住居侵入の疑いで大学教授のA容疑者(60)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は4日午後8時55分ごろ、群馬県片品村の旅館敷地に侵入した疑い。沼田署によると、のぞき目的で侵入したことを認めており、「大学で旅館を利用するのに下見に来た」と供述している。

経営者の男性(43)がボイラーの確認に行ったところ、女風呂の囲いの上から身を乗り出しのぞいていたA容疑者を発見。声をかけると、走って逃げたため、経営者が約50メートル追跡し、田んぼの中で取り押さえた。《スポーツ報知》

【台湾・李登輝元総統】「日本は堂々たる外交を」

来日中の台湾の李登輝元総統(86)は5日、都内の講演会で、民主党新政権について、「日本が国際社会で一層の尊敬を受けるような外交を期待する」と述べ、米国と中国を相手に「堂々たる外交」を展開するよう滑らかな日本語で注文した。李氏は「米国への無条件の服従や、中国への卑屈な外交は世界第2の経済大国の日本にそぐわない」と述べた。

民主党は外交面で中国などアジア重視の姿勢を示しているが、李氏は「日米協調路線を基軸に中国と節度ある交流を行うべきだ」と注意を促した。

近く発足する「鳩山政権」には祝意を表し、2大政党制の定着に期待を示したが、官僚主導や議員世襲など従来の日本型政治を批判し、新首相に「強い指導力」を求めた。さらに、日本の安全保障のためとして、「独立した存在である台湾との連携」も求めた。《読売新聞》



9月5日のできごと