平成7514日目

2009/08/04

【麻生太郎首相】横浜で街頭演説

麻生太郎首相は4日、横浜市を訪れ、衆院解散後に県内で初めて街頭演説をした。衆院選の争点について「政権じゃなく政策を選んでほしい」と訴え、政権交代を掲げる民主党への対抗心をむき出しにした。

「私の一連の発言、力不足から自民党内の結束が乱れ、結果として自民党に対する不信、政治に対する信頼感を損ねた。心からおわびを申し上げる」。同市中区のJR桜木町駅前で、麻生首相はおわびと反省で演説を始めた。小泉純一郎元首相が敷いた構造改革路線に関し「しわ寄せが弱いところにいった。行き過ぎた市場経済原理主義からは決別する」と宣言した。

昨年9月の首相就任以降の政権運営を「政局よりは政策だと確信して走ってきた」と振り返り、1万円台に安定してきた株価を引き合いに「間違いなく景気回復の兆しが出てきた」と強調。横浜駅西口でも演説した。《毎日新聞》




【ビル・クリントン元米大統領】北朝鮮訪問

米国のビル・クリントン元大統領(62)が4日、北朝鮮訪問のため空路、平壌入りした。中朝国境での取材中に拘束され、不法入国したなどとして実刑判決を受けた米テレビ局の女性記者2人の解放を目指し北朝鮮側と協議する。金正日総書記(67)とも会談した。米朝が核、ミサイル問題で本格協議を開始する契機になりそうだが、米国が北朝鮮のペースにはまる危険性もはらんでいる。《産経新聞》

【コンビニ加盟店ユニオン】コンビニ経営者らが労組設立

コンビニエンスストア最大手、セブン―イレブン・ジャパン(東京)の加盟店オーナーらが4日、労働組合「コンビニ加盟店ユニオン」を結成し、岡山市内で設立総会を開いた。今後、各コンビニ本部に対して団体交渉を申し入れ、ブランド使用料や経営指導料などの適正化や、契約条件などの改善を求めていく。

総会にはセブン―イレブン・ジャパンのほか、ローソンやファミリーマートなどの加盟店も含め全国から約260店のオーナーら330人が参加。執行委員長に就任した池原匠美さん(岡山市)は「本部との健全な関係を再構築するため、対等な立場で話し合いたい。対話の場は私たち自身で作り上げていくしかない」とあいさつした。《朝日新聞》

8月4日/のできごと