平成7355日目

2009/02/26

【王貞治氏】麻生首相を表敬訪問

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督相談役、王貞治さんが26日、首相官邸で麻生太郎首相を表敬訪問した。


https://www.kantei.go.jp/

外務省から同日、「野球特別大使」に任命され、王さんは「野球のことでできることはやります。3月5日から全員本番態勢です」と連覇にかける意気込みを示した。首相は「68歳で同い年だ」と親しみを感じた様子で応じ、「今回は盛り上がっている感じですね」と激励した。

その後、王さんは記者団に「私が元気でいられるのは野球のおかげだ。首相は米国から帰国し大変だと思うが、こういう時こそ同い年として頑張ってほしい」と述べ、首相にエールを送った。王さんは来月の第2回WBCに合わせて訪米し、親善活動を行う。《産経新聞》



【麻生太郎首相】対海賊新法成立に意欲

麻生太郎首相は26日午前の衆院予算委員会で、追加経済対策について、2009年度予算案の成立した時点で「どのような経済状況になっているか真剣に考えないといけない」と述べ、前向きに検討する考えを表明した。

また、ソマリア沖での海賊被害について「日本だけでなく、国際社会の脅威だ」と強調。自衛隊派遣を随時可能とする対海賊新法案を今国会に提出し、早期成立に意欲を示した。政府は新法案を3月10日に閣議決定し国会へ提出する方針だ。

首相は冒頭、ワシントンでの日米首脳会談やサハリンでの日ロ首脳会談について報告。「日米同盟を基軸にしながら、アジア太平洋諸国との連携、国連などの場を通じた国際協調を重要な柱として積極的な外交を進める」と述べた。

北朝鮮の弾道ミサイル発射に向けた動きに関しては「緊張を高めることに北朝鮮に何のメリットがあるか分からない」と指摘。日米首脳会談で連携強化の方針を確認したと説明した。《共同通信》

【タイヤ脱落死傷事故】静岡地裁、元トラック運転手に実刑判決

静岡県の東名高速道路で昨年4月、大型トラックのタイヤが脱落、観光バスを直撃し運転手ら 4人が死傷した事故で、自動車運転過失致死傷などの罪に問われた当時のトラック運転手、A被告(38)の判決公判が26日、静岡地裁であり、長谷川憲一裁判長は禁固1年8月、罰金20万円(求刑禁固2年6月、罰金20万円)を言い渡した。

判決によると、A被告は昨年4月11日、牧之原市を大型トラックで走行中に整備不良のため左後輪が脱落、反対車線を走っていたバスを直撃し、岐阜県大垣市の運転手、Bさん=当時(57)=を死亡させ、乗客3人に軽傷を負わせるなどした。

長谷川裁判長は判決理由で「(事故原因となった)タイヤのボルトの破断は、点検をしていれば発見できたのは明らか。(A被告の)過失は相当重大で、危険かつ悪質だ」と指摘した。《産経新聞》

【鹿児島県警】少女に淫行、家裁書記官逮捕

鹿児島県警少年課と奄美署は26日、出会い系サイトを通じて知り合った少女にみだらな行為をしたとして、県青少年保護育成条例違反(淫行)の疑いで同県奄美市の鹿児島家裁名瀬支部の書記官(40)を逮捕した。容疑を認めているという。

調べでは、先月18、22両日の深夜、奄美市のホテルで高校2年生だった少女(17)に、18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑い。少女が先月末、奄美署に被害を相談したことで発覚した。《スポニチ》



2月26日のできごと