平成7197日目

2008/09/21

【民主党】小沢代表の3選を承認


http://www1.dpj.or.jp/

民主党は21日午後、都内のホテルで臨時党大会を開き、小沢一郎代表(66)の3選を正式に承認した。小沢氏は3期目の所信表明演説で、次期衆院選について「この一戦に政治生命を懸ける。精神的にも、肉体的のも最後の一戦だ」と述べ、政権交代実現に不退転の決意を示した。

「予算の総組み換え」により、国の純支出の約1割にあたる22兆円を捻出、党の主要政策を3段階に分け、4年以内の実現を目指す方針も示した。

菅直人代表代行(61)と鳩山由紀夫幹事長(61)、長嶋正行政調会長(62)らはいずれも続投させ、輿石東参院議員会長(71)と合わせ、執行部体制を維持した。

小沢氏は「今こそ日本を変える時だ。強固な官僚組織に守られている自公政権ではできない」と述べ、政権交代による統治機構改革を訴えた。また「自民党総裁は政権を投げ出すことができても、国民は生活を投げ出すことはできない」と、自民党との対決姿勢を鮮明にした。《福井新聞》




【レッドソックス・松坂大輔投手】18勝目

米大リーグは21日、来季から新球場に移るヤンキースが現球場のレギュラーシーズン最終試合でオリオールズに7−3で勝った。松井秀は9試合ぶりに先発出場し、3打数1安打。

レッドソックスの松坂はブルージェイズ戦に先発し、7回2安打無失点で自己最多の18勝目(2敗)を挙げた。岡島は1回無失点。

マリナーズのイチローはアスレチックス戦で1安打1打点で、今季205安打。城島は無安打。カブスの福留はカージナルス戦で2安打。

ドジャースの斎藤はジャイアンツ戦に登板、2/3回を1失点で4敗目(4勝17セーブ)を喫した。《共同通信》

【自民党総裁選】5氏が最後の訴え

自民党総裁選に立候補した5氏は選挙戦最終日の21日午後、さいたま市、千葉市、横浜市で最後の街頭演説を行い、それぞれ得意分野の政策を掲げて支持を訴えた。

石原伸晃元政調会長は「無駄を省けば国民が必要とする社会保障、教育にお金を回せる」と行政改革の必要性を主張。小池百合子元防衛相は「小泉純一郎元首相の厳しい改革に優しさを加え、改革を発展させる」と小泉構造改革路線の継続を重ねて明言した。

麻生太郎幹事長は「日本の最大の問題は不景気だ」と最優先で景気対策に取り組む姿勢をあらためて強調。財源に関しては「赤字公債を乱発するとは言っていない」と述べ、設備投資減税などを景気対策の軸に据える考えを示した。

石破茂前防衛相は「国家観、世界観、政治信条がまったく違う民主党には政権を渡せない」と力説。与謝野馨経済財政担当相は「国民の関心が高いのは年金や介護の問題だ。みんなが安心するために国民の“割り勘”で対応する」と述べ、消費税増税など国民負担の必要性などを訴えた。《福井新聞》

9月21日/のできごと