平成7094日目

平成20年6月10日(火)

2008/06/10

【東武鉄道】新タワーの名称は「東京スカイツリー」

東武鉄道は10日、地上デジタル放送の電波塔として東京都墨田区に2012年春に開業予定の新タワーの正式名称を「東京スカイツリー」に決めたと発表した。有識者らによる検討委員会が候補を6案に絞り、はがきやインターネットによる全国投票で最終決定した。

新タワーはこれまで、東京都港区の東京タワーに対し「新東京タワー」の通称で呼ばれていた。高さは東京タワーの2倍近い地上約610メートルで、電波塔としては世界最大級になる。《共同通信》



【与党】国会会期延長で一致

福田康夫首相は10日、公明党の太田昭宏代表と国会内で会談し、日・東南アジア諸国連合(ASEAN)経済連携協定(EPA)が15日の国会会期末までに承認されない場合、会期末を21日まで6日間延長することで一致した。同協定などは今月21日で参院送付から30日を過ぎ、憲法の規定で自動承認となる。《共同通信》

【福田康夫首相】「社会保障も聖域ではない」


https://www.kantei.go.jp/

政府は10日、経済財政諮問会議を開き、重要政策の基本方針である「骨太の方針2008」の骨子案を示し了承された。福田康夫首相は「社会保障も聖域ではない。『骨太の方針2006』にのっとり、これまでの制度の非効率を徹底して削減する。歳出規律は緩めない」と述べ、社会保障費の伸びを毎年2200億円圧縮するという政府方針を堅持する考えを示した。《共同通信》

【水野晴郎さん】死去

映画評論家の水野晴郎さんが10日午後3時5分、肝不全により、都内病院で死去していたことが11日、分かった。76歳。水野さんは今年に入って入退院を繰り返していたという。

水野さんは映画配給会社に入社後、宣伝総支配人として活躍。72年独立して海外映画の輸入配給などを手掛ける傍ら、映画評論家としても活動。日本テレビ系「水曜ロードショー」(後に金曜ロードショー)の解説を長く務め「いやあ、映画って本当にいいもんですね」の決めぜりふで親しまれた。《日刊スポーツ》



6月10日のできごと