平成6827日目・敬老の日

2007/09/17

【福田康夫元官房長官】拉致問題「私の手で解決」

自民党総裁選に立候補している福田康夫・元官房長官と麻生太郎幹事長は17日、大阪市と高松市でそろって街頭演説を行った。福田氏は北朝鮮による拉致問題について「私の手で解決したい。私を信頼し、応援してほしい」と述べ、解決に強い意欲を示した。麻生氏は北朝鮮に対し、圧力重視の姿勢で臨むべきだと訴えた。

福田氏は大阪市での演説で、2002年9月17日の日朝平壌宣言署名から5年が経過したことに触れ、「今でも北朝鮮に残っている方(被害者)がいる。これは捨てておけない」と強調、首相になった場合は自らが問題解決の先頭に立つ決意を示した。さらに「拉致(問題)が解決し、核もミサイルも北朝鮮がやめたとなれば、国交(正常化)ができる」と、日朝国交正常化への意欲も語った。

これに対し麻生氏は「(北朝鮮との)対話、対話と言うが、圧力なくして対話がなりたったことは一回もない。過去の経験則から学ばねばならない」と指摘した。《読売新聞》




【 FIFA女子W杯】なでしこ、1次リーグ敗退

女子W杯第6日は17日、グループリーグ最終節A組の2試合が行われ、日本は前回優勝のドイツに0−2で完敗。1勝1分け1敗のA組3位に終わり、3大会ぶりの決勝トーナメント進出はならなかった。《読売新聞》

【世界レスリング男子GS60キロ級】笹本睦選手、銀メダル獲得

レスリングの世界選手権は17日、バグーで開幕。男子グレコローマン3階級が行われ、60キロ級でアジア大会金メダルの笹本睦(綜合警備保障)が銀メダルを獲得した。笹本は今大会の各階級上位8人に与えられる北京五輪の出場枠を日本にもたらし、日本レスリング協会の規定により、北京五輪代表に内定した。《読売新聞》

【民主党・岡田克也副代表】解散「8月までに」

民主党の岡田克也副代表は17日、岐阜市で開かれた国政報告会で、衆院の解散について「(次の政権は)1年は持たない。来年1月か4月、どんなに遅くても8月までにはあるだろう」との見方を示した。

岡田氏は「参院選で与野党が逆転し、最新の民意を考えれば、何でも自民党の法案が通る状況ではなくなった。ねじれ解消には、自民と民主の大連立という道があるが、それは民意に反する」とも語った。

9月17日/のできごと