平成6720日目

平成19年6月2日(土)

2007/06/02

【元小結・旭鷲山】断髪式

大相撲のモンゴル出身力士のパイオニア、元小結・旭鷲山(34)=大島部屋=の断髪式が2日、東京・両国国技館であった。前日に明治神宮で不知火型の土俵入りを披露した新横綱・白鵬と、雲龍型の朝青龍が初のそろい踏み。

Embed from Getty Images

幕内取組では両者の「横綱対決」もあり、モンゴル出身者たちが相撲界を去る先輩の門出に華やかさを加えた。式には、モンゴルからも関係者がチャーター機2機を使って500人が集った。土俵上では海部俊樹元首相をはじめ230人が大いちょうに、はさみを入れた。《毎日新聞》



【雅子さま】式典に出席

皇太子ご夫妻は2日、長野県安曇野市の国営アルプスあづみの公園で開かれた「みどりの愛護」のつどい式典に出席された。療養中の雅子さまの地方での公務は2003年11月、静岡県の全国障害者スポーツ大会以来、約3年7ヶ月ぶり。《共同通信》

【安倍内閣】支持率35%に急落

共同通信社が6月1、2日両日実施した全国緊急電話世論調査で、安倍内閣の支持率は35.8%と5月中旬の調査から11.8ポイント下落し、昨年9月の内閣発足以来、最低となった。不支持率の48.7%と10.5ポイント上昇。社会保険庁の年金記録不備問題や「政治とカネ」問題で追及を受けた松岡利勝前農相の自殺が影響したとみられる。《共同通信》

【作曲家・羽田健太郎さん】死去

テレビ番組「題名のない音楽会21」の司会などで親しまれた人気ピアニストで作曲家の羽田健太郎さんが2日午後11時53分、肝細胞がんのため東京都内の病院で死去した。58歳。東京都出身。4月に体調が悪化、「題名のない-」の出演を見合わせ、休養していた。

桐朋学園大を卒業後、フリーのスタジオミュージシャンになり、クラシックから映画、CM音楽まで幅広く作曲、演奏。「渡る世間は鬼ばかり」「西部警察PARTⅡ」などの音楽を手掛け、編曲家としても活躍した。《共同通信》



6月2日のできごと