平成6581日目

平成19年1月14日(日)

2007/01/14

【安倍晋三首相】中韓首脳と会談

1月14日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は14日午後、セブ・マクタン島のホテルで、中国の温家宝首相、韓国の盧武鉉大統領と2年ぶりの日中韓首脳会談を行った。共同プレス声明を発表し、北朝鮮 の核実験、ミサイル発射問題への「懸念」を表明、6カ国協議の共同声明(05年9月)の完全履行と朝鮮半島の非核化に向けて「具体的かつ効果的なステップ」を取るよう求めた。

声明は、国連安全保障理事会の北朝鮮に対する非難・制裁決議を完全履行する必要性についても再確認。北朝鮮による拉致問題を念頭に「国際社会の人道上の懸念にかかる問題への対処の重要性」も盛り込まれた。日本外務省は「3カ国首脳会談で拉致問題を意味する言及があったのは初めて」と説明している。

ただ、韓国の聯合ニュースは、会談で安倍首相が「6カ国協議で拉致問題も論じるべきだ」と主張したのに対し、盧大統領は「核問題解決に専念すべきだ」と応じ、日韓の認識の差を露呈したと報じた。

また、3首脳は相互に規制を緩和して民間投資の拡大を図る「日中韓投資協定」締結に向け、早期に交渉を開始することでも合意した。

安倍首相はこの後、日・東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議、ASEANプラス3(日中韓) 首脳会議に出席。北朝鮮の核問題について6カ国協議を通じた解決の重要性を確認した。《毎日新聞》




1月14日のできごと