2007 平成19年1月1日(月)のできごと(何の日)

平成6568日目

平成19年1月1日(月)

2007/01/01

【安倍晋三首相】今こそ憲法改正を

安倍晋三首相は1日、年頭所感を発表し「憲法が施行されてから60年になる。新しい時代にふさわしい憲法を、今こそ私たちの手で書き上げていくべきだ」と強調し、任期中の憲法改正実現に強い意欲を表明した。

その上で、改正手続きを定める国民投票法案の成立を今月25日招集の通常国会で目指す考えを示し、「憲法改正について国民的な議論が高まることを期待する」と呼び掛けた。《共同通信》

【第51回全日本実業団対抗駅伝】中国電力、3年ぶり2度目の優勝

元日恒例の全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロのコースで行われ、中国電力が4時間47分2秒で3年ぶり2度目の優勝を果たした。中国電力は5区で佐藤敦之が日清食品との2分17秒差を逆転して7位からトップに立ち、そのまま最後はアンカーの尾方剛が逃げ切った。《共同通信》

【サッカー第86回天皇杯】浦和が2連覇

サッカー日本一を決める第86回天皇杯全日本選手権最終日は1日、東京・国立競技場でJリーグ1部(J1)勢同士による決勝を行い、浦和が1−0でG大阪に勝って2年連続6度目の優勝を果たし、2006年J1との2冠を達成した。Jリーグ発足後の天皇杯連覇は初めて。

浦和は試合開始からG大阪の攻撃を受けたが、無失点に抑え、後半42分に岡野の右センタリングから永井が右足で決めた。G大阪は再三のチャンスを生かせず、16大会ぶり2度目の優勝を逃した。《共同通信》

【民主党・小沢一郎代表】「安倍内閣は末期的症状」

民主党の小沢一郎代表は1日午後、都内の私邸で開いた党所属議員との新年会であいさつし、安倍内閣について「わずか発足3ヵ月で、政府税調会長、国務大臣が辞任し、末期的症状を呈し始めた」と批判、通常国会で厳しく追及する考えを示した。

夏の参院選に関しては「野党で過半数を取るのが代表としての最大の使命」と与党を過半数割れに追い込む決意を強調。「参院選で勝利しない限り民主党の将来は非常に難しい状況になる。逆に野党が過半数を取れば、自民党はこれまでのような状況では済まない。参院選は本当に生きるか死ぬかの戦いだ」と述べた。《共同通信》

1月1日のできごと

シェアする

フォローする