平成6073日目

2005/08/24

【民主党・岡田克也代表】「本当に政策転換が必要と考えるならば、民主党に力を」

岡田克也代表と鳩山由紀夫元代表(『次の内閣』ネクスト外務大臣)は24日夕、都内の中野駅前で揃ってマイクを握り、東京7区の長妻昭予定候補とともに街頭演説を行った。

鳩山元代表は、郵政民営化法案を可決させるために小泉首相が取った手法は、異なる意見の持ち主が議論して結論を出すという、本来の民主主義のあり方をゆがめるものだと指摘。異論を持つ人を全て追い出すという独裁的なやり方は「民主主義の危機を招くもの」であり、日本から葬り去られるべきだと訴えた。

鳩山元代表はまた、「与党による郵政民営化の大合唱はおかしい。もっと大事な問題を隠している」として、自民党の橋本元首相や山崎元幹事長に対するヤミ献金疑惑の追及や、迂回献金の禁止を求める民主党提出の政治資金規正法改正案をめぐる与党の取り扱いに言及。これらの政治とカネをめぐる取り組みが、先の通常国会でほぼ手付かずに終わった原因は、政官業の癒着構造にメスを入れようとせず、構造改革といいながら何の問題にもけりをつけなかった小泉首相の施政にあると断じた。

その上で鳩山元代表は「ムダ遣いをなくすことで、この国の立て直しが可能と考える唯一の政党が、民主党だ」との認識を表明。「小泉劇場を出たとたんに、現実の政治や暮らしが待っている」として、日本の未来を預けられるのはどの政党か、考えてほしいと訴えた。

続いてマイクを握った岡田代表は、冒頭、街頭演説に臨む3人の思い思いの服装を例に、民主党は、個性を主張しつつも互いの考え方を大事にして、しっかりまとまっている政党であると述べた。その上で、小泉首相は郵政民営化に対する党内の異論を認めず分裂を招いたと指摘し、法案への賛否が総選挙の唯一の争点ではないと改めて主張。

郵政法案については、その中身に問題があると指摘し、民営化後は、利益向上のため不採算地域から撤退する経営判断もありうる一方、ネットワークの維持も法案で求められているとして、小泉郵政民営化法案の矛盾を突いた。できもしないことの羅列であり、政府答弁も説得力に乏しく、様々な問題点を前に「一致結束して反対した」として、国民生活重視の立場からの反対であったことへの理解を求めた。

岡田代表はその上で、総選挙のあり方について「正々堂々、政党が政策を掲げて、郵政の問題以外も含めてしっかり議論する選挙にしたい」と表明。年金制度や、子育て支援のあり方、教育、さらに財政再建への道筋など、「今の制度に不安や不満があり、本当に大きな政策転換が必要と考えるならば、民主党に力を与えていただきたい」と力強く呼びかけた。

「政権を担う大変な責任の重みを受け止め、覚悟を決めてやりぬき、この国の立て直しを行う」とたたかい抜く決意を改めて示した岡田代表は、聴衆にも「問われているのは皆さん自身。日本を良くするためにどうすればよいのか、真剣に考えていただきたい」と訴えかけ、民主党は政策論争を展開して皆さんの期待に必ず応えると約した。《民主党ニュース》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。更新情報もご確認ください。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【つくばエクスプレス】開業

東京・秋葉原と茨城県つくば市間58.3キロを最短45分で結ぶ「つくばエクスプレス」が24日開業、営業運転を始めた。1985年の運輸政策審議会の答申から20年を経て、首都圏に新たなネットワークが誕生した。

しかし、午前6時20分ごろには、北千住駅(東京)で約30メートルオーバーランし、初日からつまずいた。《共同通信》

【韓国・盧武鉉大統領】「小泉首相がうらやましい」

韓国の盧武鉉大統領は24日、衆院を解散した小泉純一郎首相について「改革が成功できなければ小泉内閣の存在価値がない」との判断があるのだろうと指摘し「(勝負に出た首相が)まったくうらやましい」と述べた。青瓦台(大統領官邸)担当記者団との懇談で語った。

青瓦台によると、盧大統領は同じく連邦議会を解散に導き総選挙で勝負に出たドイツのシュレーダー首相の名も挙げ、既得権を持つ勢力の抵抗を乗り越え改革を進めようとしていると評価した。

自らについては「党を懸けて勝負することもできず、(大統領の)いすを懸けて勝負することも制度化されていない」と“不満”を漏らした。韓国国会は1院制で任期4年、解散はない。

【民主党】小泉首相に党首討論申し入れ

民主党は24日、総合選挙対策本部の役員会を開き、小泉純一郎首相に対し、岡田克也代表との党首討論を早期に開催するよう申し入れることを決めた。首相側に25日にも正式に提案する。

また、首相が衆院選の争点を郵政民営化に特化していることに対抗し、国民の関心が高い「年金改革」と「子育て支援」を前面に押し出し訴え、争点化していく方針も決定した。

岡田氏は役員会で、前半戦の情勢について「第一幕は小泉劇場にやられたが、潮目は止まっている」と述べ、自民党の郵政民営化関連法案反対派への対立候補擁立作業が終了した現時点が反転攻勢に出る好機との認識を示した。

これを受け小沢一郎副代表は「2大政党の党首が討論すれば、国民の関心を呼ぶ。両党首の主張の違いや(岡田氏の誠実な)人柄がよく分かる」と提案し、菅直人前代表、鳩山由紀夫元代表らも賛成した。

このほか、無党派層の「小泉人気」が再燃し、民主党が強いとされてきた都市部における支持が低落しているとの認識で一致。今後、岡田、菅、鳩山、小沢各氏の「4人そろい踏み」のポスターを作成して結束をアピールし、内輪もめ続きの自民党との相違を強調していく。岡田氏らの日程を調整し、都市部を重点的に遊説する考えだ。

鳩山氏は「『政治とカネ』を街頭演説で取り上げると反応がいい」と政治資金問題を積極的に取り上げていくよう提案した。《共同通信》

【自民党・武部勤幹事長】離党しなければ除名」

自民党の武部勤幹事長は24日、郵政民営化関連法案に反対し衆院選で非公認となった前衆院議員について「党籍を持って立候補すると、選挙後おそらく除名になる」と述べ、自発的に離党しない場合は党規約上最も重い除名処分が免れないとの認識を表明した。

また、非公認の反対派を支援すれば地方議員でも処分対象になると警告した通知書を岐阜県連に送付。法案反対派とこれを支援する県連幹部に厳しい処分も辞さない強い姿勢で臨む方針を鮮明にした。記者会見とニッポン放送の番組で語った。30日の衆院選公示を前に、地方組織の引き締めを図るのが狙いだが、地方側が態度を硬化させ、ねじれが拡大することも予想される。

武部氏は「青票(反対票)を投じた方は当然、党紀委員会に諮る。(そのうえ自民党籍のまま出馬し)わが党の公認候補の足を引っ張ることは、これまた党規に触れる」と強調した。

通知書はまず、岐阜県連が衆院岐阜1区で党公認の佐藤ゆかり氏を応援する考えを示した松田岩夫参院議員(岐阜選挙区)に、県連の役職をはく奪する方針を決めたことについて「国会議員の処分は党本部党紀委員会の専権事項」とけん制。その上で「支部所属の党員も『公認候補を不利に陥れる行為』を行った者は党紀委で処分できる」と指摘した。送付先は岐阜だけだが、反対派の支援を続けるほかの県連を警告する意味も込められているとみられる。

反対派処分問題に関連し、武部氏は会見で「離党した場合には将来復党の可能性もある。党籍を持ったまま立候補し、党紀委員会で除名処分ということになれば復党のチャンスはなくなる」として、あらためて自発的な離党を促した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】郵政民営化「国民の利益」

小泉純一郎首相は24日夕、衆院選応援のため訪れた東京・JR秋葉原駅前とさいたま市内で演説し「政治は一部の勢力に振り回されてはいけない。郵政事業にかかわる公務員の身分を守るのではなく、国民全体の利益がどうなるかを考えるべきだ」と述べ、郵政民営化関連法案に反対した民主党などを強くけん制した。

民主党の岡田克也代表が年金問題を争点に打ち出していることに関連し「これから社会保障、年金、医療、介護などで税負担が重くのしかかる。郵政民営化で民間経済を活性化すれば税負担も軽くなる」と強調した。

首相は「役人が大事な仕事をして、民間にはやらせないという古い考えを打ち破らねばならない」と指摘。「国会では郵政民営化は必要ないという結論を出したが、私は国民に賛成か反対か聞いてみたいと思い衆院解散を断行した」と訴えた。《共同通信》

【この日の民主党】

力を結集し政権交代を成し遂げよう 岡田代表が別府で

九州各地で遊説活動を繰り広げている岡田克也代表は24日、大分県別府市を訪れ、大分3区の横光克彦予定候補の応援演説を行った。

代議士歴12年の横光予定候補はこれまで社民党の国会対策委員長、副党首を歴任した重鎮だが、今回初めて民主党の公認を得て立候補する予定だ。

JR別府駅前の広場を埋めた約500人の聴衆を前に、横光さんからマイクを受け取った岡田代表は、「私たちはずっといっしょに日本の政治を変えたいという同じ思いを胸に、政治家としてがんばってきた。このたび、勇気ある決断をして、民主党に入り、一緒に戦えることが決まった。本当にありがたい。ぜひ力を結集して政権交代を成し遂げよう」と呼びかけ、横光氏とがっちりと握手を交わした。

そして、「衆議院総選挙は、これからの国の運営をどの政党に任せるのか、誰をリーダーに選ぶかを決める選挙だ。おひとりおひとりが、自分自身の将来と子どもや孫たちの将来を考え、恥ずかしくない選択をしてほしい」として、民主党の年金制度改革や子育て支援政策がなぜ必要なのかなど、持論を繰り返し訴えた。

次の演説場所への出発まで少しでも時間があれば、すぐに聴衆の元に駆け寄って握手を交わす岡田代表の回りには幾重にも人の輪ができ、「頑張ってください」「改革を頼みます」などと民主党への期待の声が相次いだ。

岡田代表と小泉首相の討論申し入れへ 選対本部役員会議で

党の総合選挙対策本部役員会議が24日午後、党本部で開かれ、岡田克也代表と小泉自民党総裁との1対1の討論を申し入れること等を決めた。

冒頭、岡田本部長(代表)が、現在の状況認識の共有化を図りたいとして、小泉劇場にこれまでは押されてきたが、潮目は変わりつつあるとの認識を示した。2年前の衆議院選挙時と同様に、(自民党側へ流れる)潮目は止まりっており、今後の無党派層の動向が鍵を握るとの認識で一致した。

また、民主岡田、自民小泉の1対1の討論を実施し、国民にどちらの政策が正しいか、国民のためになるかを判断してもらうために、25日にも自民党に公式に民主・自民二大政党党首による公開討論を申し入れることとなった。

会議終了後、会議の内容を明らかにした平野博文事務総長代理は、都市部で小泉フィーバーが起きている都市部対策を充実させること、岡田代表、小沢一郎副代表、菅直人前代表、鳩山由紀夫元代表の4人のポスターをつくること、若手NC大臣を中心に特別遊説班を編成することなどが決まったことを明らかにした。

「改革を進めたいなら、首相は辞任を」横須賀で江田参院議員会長

江田五月参議院議員会長は24日、横須賀市内で行われた「挑戦!政権交代 斉藤つよしの集い」で講演。「この国を救い、世界を救い、子どもたちの未来のために民主党を選んでほしい」と呼びかけた。民主党への期待感を象徴するかのように、会場は立ち見も出る盛況ぶりで、参加者が400人を超えるなか、神奈川11区で小泉首相と一戦を交える斉藤つよし予定候補をはじめ、神本美恵子参議院議員も民主党への支持を訴えた。会場にはまた、那谷屋正義参議院議員も応援にかけつけた。

党本部での役員会後に文字通り走ってきたという江田議員会長はまず、役員会に顔を見せた党幹部全員の応援に後押しされてきたとして、神奈川11区勝利に向けた民主党の本気度をアピールした。その上で江田議員会長は、「郵政民営化法案を否決した反対の側の責任者は私」と自己紹介。賛成側の責任者である青木自民党参院議員会長は、「おどし」「すかし」「ポストという甘い餌」をちらつかせて反対派の取り崩しをはかったが民主党がとった徹底審議戦術の前に自民党内でも「この法案はおかしい」という見方が広がったことが法案否決の牽引となったとの認識を示した。さらに江田議員会長は、小泉郵政民営化法案では本当の郵政改革は進まないとして、欠陥法案であることを改めて指摘した。

同時に江田議員会長は、「特殊法人へ(郵貯・簡保の資金が)流れるのを止めたいというならば小泉首相がやめさせればいい。国債を介して(郵貯・簡保資金が)ムダ遣いされているなら小泉首相がやめさせればよかった」と訴え、その道筋を決める立場にありながら何ら手立てを講じてこなかった小泉首相の4年4カ月の失政を批判。「改革を進めたいというのであれば、小泉首相にできることはひとつ、お辞めいただくことだ」と強調し、首相の退陣を国民のみなさんの手で実現させてほしいと要請した。

江田議員会長はまた、「年金改革と子育て支援に本気で取り組んでいきたい」として、民主党がマニフェストに盛り込んだ改革姿勢を表明。同時に官製談合防止、天下り禁止など、政官業癒着構造にどっぷり浸かった自民党にはできない改革の断行と、イラク自衛隊の12月撤退、アジア重視の外交の実現など、民主党政権樹立後の政権政策をアピールした。

最後に、参加者の声援を受けて斉藤予定候補が登壇。掛け声倒れの小泉首相に対し、参加者全員で「退場!」のレッドカードを突きつけた。《民主党ニュース》



8月24日 その日のできごと(何の日)