平成5930日目

平成17年4月3日(日)

2005/04/03

【ヤンキース・松井秀喜外野手】開幕アーチ

米大リーグは3日夜、ニューヨークのヤンキースタジアムで伝統の一戦、ヤンキースーレッドソックスで開幕した。日本人大リーガーのトップを切ってヤンキースの松井秀喜外野手が「5番・左翼」で登場し、八回に中越えへ今季1号の2点本塁打を放つなど5打数3安打3打点。守ってもピンチで好捕と3年目も好発進した。

Embed from Getty Images

過去最多12人の日本人選手が開幕メジャーを迎えた今季、開幕日はこの人気カード1試合だけ。小雨が降ったりやんだりの空模様だったが、約半年ぶりの球音にほぼ満員に膨れ上がった球場は歓声に包まれた。《共同通信》



【SBI・北尾吉孝CEO】堀江貴文氏を批判

フジテレビジョンの筆頭株主になったソフトバンク・インベストメント(SBI)の北尾吉孝最高経営責任者(CEO)は3日、名古屋市内で講演し、ライブドアの堀江貴文社長について「(ニッポン放送の)役員から社員までライブドアが嫌だと言っている。株を50%持ったから、もうわたしの支配下だと。わたしはそういうことが嫌いだ」と強く批判した。

北尾氏は「相手のことを思いやることを堀江君も考えてほしい。わたしが買収するときは、相手にとっても良い状況をどう実現するかを真剣に考えている」と述べ、敵対的買収はすべきでないとの考えを強調した。《共同通信》

【政府】「郵政民営化法案」骨格固まる

政府は3日夜、郵政民営化法案の骨格を固めた。最大の焦点である経営形態に関し、持ち株会社の保有する貯金、保険両会社の株式は民営化委員会による3年ごとの経営状況の判断を踏まえ、段階的に売却する方針。両社の株式を民営化開始から10年後の2017年までに完全売却するかどうかの判断は小泉純一郎首相に委ねられた。

細田博之官房長官は同日夜、小泉首相を都内の首相公邸に訪ね調整結果を報告し、経営形態問題などを協議。細田氏はこの後、記者団に対し「首相は決断した。4日午前に首相と閣僚の会議を開いて骨格内容を正式に決定した上で、同日午後に発表する」と述べた。《共同通信》



4月3日のできごと