平成5763日目

2004/10/18

ソフトバンク、ホークス買収に名乗り

通信大手のソフトバンクの孫正義社長は18日午前、福岡市で記者会見し、プロ野球の福岡ダイエーホークスの買収に乗り出す計画を発表した。孫社長は会見に先立ち、麻生渡・福岡県知事に会って協力を要請した。球団の親会社ダイエーが産業再生機構に支援を要請したことを受けたもので、再生機構や日本プロ野球組織にも近く買収の意向を伝える。来季からの参入を目指すが、買収実現には、年明け以降に決まる見通しのダイエーの支援企業の判断が必要とみられる。

会見で孫社長は「本拠地や監督、選手などは変えない」と述べた。買収の目的については「通信インフラという重要な社会インフラを提供する企業として、消費者の認知度、企業イメージの大幅な向上とブロードバンドコンテンツの強化を目指す」としている。

孫社長は会見前に記者団に対し、「ダイエーとは一昨年ごろから話をしていた。その時はダイエーは継続保有するとのことだったが、再生機構行きが決まって局面が変わった」と述べた。

孫社長は会見後、鎌田迪貞九州・山口経済連合会長(九州電力会長)らにも会う予定。孫社長は佐賀県出身で、中学・高校時代は福岡で暮らしたため、地元の理解は得やすいと判断している。

ソフトバンクは、一般回線を利用したADSL(非対称デジタル加入者線)トップの「ヤフーBB」などを手がける通信・インターネット事業会社。現在3年連続の当期赤字だが、ヤフーなどの保有株式に約2兆円の資産価値があるとされ、資金力は豊富だ。

ソフトバンクは昨年、福岡ドームやホテルなど「ダイエー福岡事業」の再建問題をめぐり、ホークス買収を内々にダイエーに打診した経緯がある。オリックスの本拠「ヤフーBBスタジアム」の命名権を買うなど、プロ野球への関心は高い。

現在、ホークス株式はダイエーが98%を保有。近く退任する高木邦夫ダイエー社長は、球団の継続保有を表明したが、機構への支援要請で事実上の決定権限はダイエーを離れた。機構や主取引銀行は「球団の行方は、機構の入札で決まるスポンサー企業が判断する」との考えだ。

機構は現在、年内をめどにダイエーの資産査定中で、入札を経て支援企業が決まるのはそれ以降になる見込み。野球協約は、新たな企業がプロ野球に参加する場合、11月末までにオーナー会議の承認を得なければならないとしている。事情があれば期限は延長されるが、来季参入の手続きが間に合うかは微妙だ。

ホークスの試合の入場券や球団関連商品の販売権は、ダイエーが福岡事業を3月、米投資会社コロニー・キャピタルに売却した際、同時に移った。コロニーの事前了承なしに本拠移転や営業権売却をすれば、違約金が発生するとされているため、ソフトバンクはコロニー側とも接触を検討している。《朝日新聞》



【プロ野球・沢村賞】中日・川上憲伸投手

プロ野獣創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」先行委員会が18日、東京都内のホテルで開かれ、セ、パ両リーグ最多の17勝を挙げた中日の川上憲伸投手(29)が初受賞した。中日からは10年ぶりの選出。《共同通信》

【プロ野球・横浜】新監督に牛島和彦氏

横浜は18日、横浜市内のホテルで牛島和彦新監督(43)の就任を発表した。契約は2年、契約金5000万円、年俸は8000万円で背番号は72に決まった。(金額は推定)

中日、ロッテで主に抑え投手として活躍し、引退後は野球解説者一筋。コーチ経験がない新監督は「外から見たことと(現実)の差をどう埋めるか。1勝でも多く、順位は一つでも上に、1人でも多くのファンに来てもらえることしか考えていない」と、3年連続最下位のチーム再建への決意を話した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】中国に不快感

衆院予算委員会は18日、小泉純一郎首相と全閣僚が出席して基本的質疑を行い、首相は中国が靖国神社参拝中止を求めていることについて「(参拝が)中国にとって愉快でないことは承知している。死者に対する慰霊の考え方が違うから『よろしくない』と言われ『はい、そうですか』と従っていいのか疑問だ」と述べ、強い不快感を示した。《共同通信》



10月18日のできごと