平成5607日目

2004/05/15

【プロ野球・ロッテ】「こんなに弱くてごめんなさい」観客に謝罪

ダイエー21-0ロッテ◇15日◇千葉マリン

こんなに弱くて、ごめんなさい–。0-21の屈辱的スコアがともる試合後の球場。ダッグアウトから再び姿を見せたロッテナインが、ファンに向かって頭を下げた。異例ともいえる謝罪だった。12日の日本ハム戦でも2-20の惨敗を喫したばかり。6連敗で借金は「11」となった。「球場に足を運んでくれたことへの感謝と、ふがいない成績への謝罪を伝えたかった」。バレンタイン監督の言葉が痛々しかった。《日刊スポーツ》



【京都御苑】葵祭で馬が「暴走」

15日午前11時10分ごろ、京都市上京区の京都御苑内で、葵祭の行列の馬が突然暴れ、約2キロ近く走ったあと、堀川御池(同市中京区)の交差点で倒れた。

中立売署などによると観客のカメラのフラッシュに驚いた馬が、両側から手綱を引いていた4人の男性を振りほどいて暴走。馬は御苑南側の丸太町通を西に約500メートル走ったところで、東向きに走行中の乗用車と衝突した。車はフロントガラスが破損したが運転手の女性(60)にけがはなかった。

馬は右後足の太ももにけがをしたまま堀川通を南下し、堀川御池の交差点で駆けつけた祭関係者らに保護された。同署によると観客にけが人はない。祭では、主催者側から「フラッシュをたかないでください」と注意を促すアナウンスがあったという。《共同通信》

【俳優・三橋達也さん】死去

1960年代のアクション映画をはじめ、「天国と地獄」など黒沢明監督作品で知られる俳優の三橋達也さんが15日午前零時29分、急性心筋梗塞(こうそく)のため東京都中央区の病院で死去した。80歳だった。東京都出身。

シベリア抑留を経て1947年に帰国後、俳優を志した。市川崑監督の「こころ」(55年)の演技で注目を集め、黒沢監督の「悪い奴ほどよく眠る」(60年)や「天国と地獄」(63年)で印象的な脇役を演じた。東宝のアクション映画シリーズにも主演。米映画「トラ・トラ・トラ!」(70年)では日本海軍の参謀を演じるなど国際的に名を高めた。《共同通信》



5月15日のできごと