平成5591日目

2004/04/29

【小泉純一郎首相】和歌山県入り

小泉純一郎首相は大型連休初日の29日、和歌山県入りし、森林整備による雇用対策事業の現場や、梅の生産農家を駆け足で視察、途中に熊野本宮大社を参拝した。

歴代首相は大型連休時には外国訪問で首脳外交を展開、政権浮揚を図るのが通例だが、小泉首相はイラク情勢の急変に備え、新春外遊に続いて取りやめた。《共同通信》

4月29日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】和歌山県入り

平成16年4月29日、小泉総理は和歌山県を訪れ、緑の雇用事業などを視察しました。

最初に訪れた中辺路町では、「緑の雇用事業」の現場を視察しました。「緑の雇用事業」は、森林事業への就業を希望して都市部から地方にUターン、Iターンする人の就業を支援し、森林技術者として育成するとともに、過疎化する山村地域への定着や地球温暖化防止対策を図るものです。小泉総理は、間伐作業を行っている現場を訪れ、都市部から移住した林業経験2年くらいの作業員たちと懇談しました。また、作業員たちの家族とも懇談し、激励しました。

その後小泉総理は、世界遺産への登録が見込まれている熊野本宮大社を訪れ、桜の苗を植樹しました。

午後には、南高梅で名高い南部川村の梅畑を訪れ、梅生産農家から説明を受けました。 視察を終えた小泉総理は、「緑と太陽に囲まれ土を踏んで歩くのは、東京ではなかなかできない。地域が頑張っている姿を見て、私も元気づけられた。」と述べました。《首相官邸》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【柔道・全日本選手権】鈴木桂治五段が初優勝

体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権は29日、38選手が参加して東京・日本武道館で行われ、世界選手権無差別級王者の鈴木桂治五段(推薦・平成管財)が、史上3人目の4連覇を狙った井上康生五段(推薦・綜合警備保障)を決勝で下して初優勝し、アテネ五輪100キロ超級の代表の座を獲得した。

全日本選抜体重別選手権100キロ級を制した井上は、同級の五輪代表に選ばれシドニー五輪に続く金メダルを目指す。2回戦から登場した鈴木は順当に勝ち上がり、準決勝で五輪代表争いのライバル、100キロ超級世界王者の棟田康幸四段(推薦・警視庁)に優勢勝ち。昨年の決勝で敗れた井上にも優勢勝ちで雪辱を果たした。《共同通信》

【この日の民主党】

菅代表、第75回メーデー中央大会に参加

民主党の菅直人代表は29日、東京・代々木公園で開催された連合主催の第75回メーデー中央大会に参加して連帯挨拶し、さらにメーデー特別企画として行われた「昼でもナマ討論」で年金改革、イラク問題などについて討論を交わした。

中央式典では、まず主催者を代表して連合の笹森会長が挨拶。「政府や経営団体は景気が着実に回復していると言うが、弱者と強者とへの社会構造の2極分化が進んでいる」とし、実態失業率が10%を越え、貯蓄ゼロ世帯が2割を越えていることなどを指摘しながら、仕事と暮らしが両立する社会をめざす社会改革の一翼を担おう、と呼びかけた。

また前日に衆議院厚生労働委員会で与党が年金法案の強行採決を行ったことについては「誠に遺憾で残念だ」とし、税制と社会保障制度を一体とする改革の必要を力説。政権交代を確実にするため参院選にも総力で取り組む決意を訴えた。

菅代表はまず、自らの国民年金脱退問題についてお詫びを述べるとともに、間違いを生みやすい現在の年金制度を公明なルールのもとに一元化する必要を改めて指摘。国民負担を増やし雇用を破壊する政府法案を廃案にするためにさらに奮闘する決意を述べた。

またイラク問題では、サマワ近辺も含めて現地の情勢はイラク支援特措法で言う「非戦闘地域」とはとても言えないとして自衛隊の撤退・退避を求めるとともに、国連主導の枠組みの中での貢献を新たに検討すべきだと主張。最後に参院選に向けた支援を訴えて挨拶を締めくくった。

式典後の「昼でもナマ討論」では、菅代表が笹森連合会長、福島社民党首、インサイダー編集長の高野孟氏(司会)と屋外でディスカッションを交わした。

年金問題をめぐって、制度改革の考え方を問われた菅代表は、政府の見通しの誤りによって今後100年間の年金給付の財源は470から480兆円足りない状況だとし、その不足を3%程度の消費税引き上げで賄うのが民主党案であるのに対して、政府案は主に厚生年金の保険料値上げによって賄うため現役サラリーマンと企業に負担が集中し、生活と雇用を破壊してしまう、と論じた。

また今後のイラク復興支援の課題については、権力移譲へ国連中心の枠組みをつくり、米軍は治安のサポートの役割まで引くこと、自衛隊は撤退し、国連から選挙監視・サポートなどの要請があれば改めて日本としての関与を検討すること、などを提案した。

最後に、参院選をいかに戦うかについて菅代表は、年金改革、イラク問題に加え、地方主権、農山村再生のプランをも掲げて取り組むとし、「小泉政権を信任しないという意思表示を訴え、改選過半数を獲得したい」と決意を述べた。《民主党ニュース》



4月29日 その日のできごと(何の日)