平成5550日目

平成16年3月19日(金)

2004/03/19

【台湾・陳水扁総統】銃撃され重傷


https://www.youtube.com/

台湾総統選の投票を翌日に控えた19日午後1時45分ごろ、再選を目指す民主進歩党(民進党)の陳水扁総統(53)が出身地に近い南部の台南市で選挙カーに乗って遊説中に銃撃され、腹部に重傷を負い、市内の病院で治療を受けた。命に別状はなかった。

台湾の総統が銃撃され、負傷したのは史上初めて。陳総統の当選阻止を狙った政治テロの可能性もあり、選挙結果に影響が出るのは確実だ。中央選挙管理委員会によると、総統選は20日に予定通り行われる。

同じ選挙カーに乗っていた呂秀蓮副総統(59)も右ひざを撃たれ、けがをした。犯人は捕まっておらず、事件の真相は不明だ。《共同通信》

【東京地裁】文春出版禁止は妥当

田中真紀子前外相の長女に関する記事を掲載した「週刊文春」(文芸春秋発行)をめぐり、東京地裁の大橋寛明裁判長は19日、出版禁止を命じた同地裁(鬼沢友直裁判官)の仮処分決定に対する文春側の異議を退け、出版禁止を妥当とする決定をした。

大橋裁判長は「プライバシーは極めて重要な権利で、侵害を事前に差し止める必要性は名誉保護よりも一層高い」と指摘。「長女は純然たる私人で、私的事項を公衆に暴露されることで重大な精神的衝撃を受ける恐れがある。記事に公益性はなく、報道価値はプライバシー保護より劣る」と判断した。

出版禁止の対象は、仮処分決定の時点で未発送だった約3万部に限定した。

発売前日に大手誌の出版を差し止め、憲法が保障する「表現の自由」を制限した仮処分を追認する司法判断。文春側は20日にも東京高裁に抗告する。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】「望まれないなら訪中の必要ない」

小泉純一郎
https://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は19日夜、靖国神社参拝に対する中国側の反発で2001年10月以来途絶えている自らの訪中について「中国が私の訪問を望まないときに私が行く必要はない」と述べ、率先して事態打開に動く考えはないことを明言した。

首相は同時に、日中友好関係を促進する姿勢を強調。第三国での国際会議の際に首脳会談は実現していると指摘したが、小泉首相訪中への環境整備を日本に求めてきた中国がさらに態度を硬化させるのは必至。《福井新聞》

3月19日のできごと