平成5425日目

2003/11/15

【社民党】新党首に福島瑞穂氏

社民党は15日午後、党本部で両院議員総会を開き、衆院選惨敗の責任を取り辞任した土井たか子党首(74)の後任に、福島瑞穂幹事長(47)=参院比例代表=を選出した。任期は2年。

幹事長ポストは、起用が固まっていた照屋寛徳衆院議員(58)が「自分は党務の経験もなく、適任ではない」と固辞。当面は空席とし、代行職を置くことになった。福島氏は議席が18から6に激減した衆院選結果を受け、党勢立て直しが最大の課題となるが、幹事長不在という苦しい形でのスタートとなった。《共同通信》




【横綱武蔵丸】土佐の海に敗れ引退決める

大相撲九州場所7日目(15日・福岡国際センター)横綱武蔵丸が土佐ノ海の引っ掛けに敗れ、3勝4敗とまた黒星が先行。取組後に現役引退を決めた。土佐ノ海は単独史上3位となる11個目の金星獲得。横綱朝青龍は関脇旭天鵬を寄り切り、1敗を守った。旭天鵬は6敗目。大関栃東は安美錦を押し出し7連勝とし、平幕の北勝力とともに全勝を守った。

大関千代大海は小結高見盛を引き落とし、武双山は小結岩木山を押し出し、ともに2敗を堅持。大関魁皇は栃乃洋の左すくい投げに屈して3敗目を喫した。高見盛は黒星が先行し、岩木山は7連敗。関脇若の里は琴光喜を下して白星が先行。全勝の2人を追う1敗は朝青龍と平幕の玉乃島、旭鷲山、琴ノ若。十両は黒海がただ1人全勝。《共同通信》

11月15日/のできごと